この結果にNHK関係者は青ざめたことだろう。

 オリコン毎年恒例の「恋人にしたい女性有名人ランキング」が、3月14日に発表され、新垣結衣が3連覇を達成した。

 10~50代の男性500名に行ったアンケートとあって、2位・深田恭子、3位・綾瀬はるか・4位・石原さとみと10位・北川景子と30代のタレントが上位を独占。ほかは20代の有村架純(5位)、吉岡里帆(7位)、本田翼(8位)、松岡茉優(9位)、アラフィフの石田ゆり子が6位にランクインしている。

 そんななか、話題を呼んでいるのが、トップテン常連の広瀬すずの「圏外」転落だ。

「4月からスタートする100作目のNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインの広瀬ですが、10代、20代票でもランク外。これほどまで男性人気が落ちているとは意外でした。昨年、主演ドラマ『anone』(日本テレビ系)が爆死したのは、脚本や演出のせいと思われていましたが、広瀬のメイン支持層である男性人気が落ちていることが証明されてしまった」(テレビ関係者)

 NHKもその点を危惧していたのか、朝ドラヒロイン経験者を5人も脇に配置する万全の備えを強いている。しかし、広瀬人気がさらに低下しそうな気になるニュースも。

「俳優の野村周平がツイッターに広瀬と親密そうにしているツーショット写真をアップ。〈この間ご飯食べましたが。みんなさん勘違いしないでください。付き合ってないですし。ただの友達です〉と言いながらも、野村は以前から番組や舞台裏の生配信などで“交際匂わせ”を続けています。2人は3年前に公開された映画『ちはやふる』で共演して急接近したとの報道もありましたから、広瀬ファンは不安を感じている模様。また、野村は歩きタバコやクラブ遊びでの素行や言動がたびたび炎上案件となっており、眉を潜める女性も多い。そのため、男女のファンがまたぞろ離れる可能性がでてきたことで、NHK関係者は不快感を募らせているようです」(芸能記者)

 広瀬が胸キュン演技で、不穏なアンケート結果を跳ね返せるのか見物だ。

広瀬すず「恋人にしたいランキング」圏外でもさらに人気を落としそうなワケのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!