トップユーチューバーとして大活躍するヒカキンが1月15日、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、話題となっている。

 番組放送前からネット上では、「普段と違うヒカキンが見られる!」と、心待ちにする視聴者のコメントが相次いだ。しかし放送終了後、事態は思わぬ方向へ。

「動画内でのテンポのよい滑らかなトークが人気のヒカキンですが、アドリブも必要とされるテレビでは、その力を存分に発揮できなかったようです。番組テーマと違うことを話してしまったり、周りのタレントからのツッコミを拾えなかったりなどし、共演した鈴木紗理奈からは、『この人、すごい自己中!』と罵られてしまい、『俺、やっぱり全然ダメなんですよ』と、落ち込んでしまったようです」(テレビ関係者)

 番組を観ていたヒカキンのファンは、彼をイジリ倒した芸能人たちに疑問を覚えたようだ。

「共演した芸能人たちの『芸能人とユーチューバーは違うんだよ』という上から目線のイジリ方に批判の声が飛びました。芸人じゃないのだから、矢継ぎ早に質問されても答えられないのは当たり前。むしろ、空回りしている彼の姿を見て、『普段の動画との違いに萌えた』とさらにファンになった人も多かったようです」(芸能ライター)

 ヒカキン本人はツイッター上で、「僕がテレビ出演すると、『友達がテレビ出てるみたいで見てて緊張する』と、今も変わらず言われます。僕は未だに自分を芸能人とは思わないし、今後も一般人代表で頑張ります」と語るなど、謙虚な様子。

 トップユーチューバーであっても親しみやすさを感じるところが、彼の人気の秘訣なのかもしれない。

ヒカキンをイジリ倒した芸能人たちにブーイングが飛んだワケのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!