9日、女優・本田翼のYouTubeチャンネル『ほんだのばいく』の登録者数が100万人を突破。先月22日に初配信してから2週間あまりでの大台達成にネット上では驚きの声が広まっている。

「以前からファンの間ではゲーム好きであることが知られていた本田ですが、YouTuberデビューしたことで、キュートなルックスとガチゲーマーぶりとのギャップが話題となり、急速に登録者数を伸ばしているようですね。実況にチョイスしたゲームがサバイバルホラー系の『Dead by Daylight』という点も意外性があり、集客効果抜群だったようです。インスタグラムのフォロワー数は200万人を超えていますから、『ほんだのばいく』も同数の登録者獲得は射程圏内にあるといえるのではないでしょうか」(芸能関係者)

 爆発的な視聴者数の伸びとゲーム会社とのタイアップを予想し、ネット上では本田の年収は“1億円超え”と算出する声人も。しかし本田は、週替わりでナビゲーターを務めるラジオ番組『AVALON』(J-WAVE)の5日放送回において、営利目的ではないことを明言し、さらに好感度をアップさせた。

「この日の冒頭、本田は“年収1億円”のウワサについて、『誤解なんですよ』と笑いながら一蹴しました。YouTuberデビューは、幼少期から慣れ親しんだ据え置き型ゲーム機の普及が目的だと説明し、配信用にPS4とNintendo Switchを自腹購入したことや、完全にプライベートの時間を割き、動画に広告をつけていないことも強調。『私に1円も入ってきません』と、むしろ赤字であることを明かしたため、『真のゲーマーだ!』『家庭用ゲーム機の救世主』などと、ゲーム好きから称賛の声が送られているようですね。また、注目度が上昇したことで女優やモデルとしてのオファーが増え、結果的に年収大幅アップが見込めるのではないかと指摘する声もあるようです」(同)

 本田の訴求力によって、スマホアプリが席捲するゲーム業界の勢力図が変動することになるか。本業での活躍も含めて注目したい。

本田翼、YouTubeチャンネル登録者数200万人も射程圏内? 営利目的否定で好感度アップのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!