6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にT.M.Revolutionの西川貴教が出演し、ダウンタウンと見事な掛け合いを見せた。

 この日の放送は今、気になる2ショットコンビが出演。西川はバラエティ番組でも共演する元SKE48の松井玲奈と出演した。松井は西川の魅力を語るも途中で言葉に詰まってしまった。「しゃべりのはあまり得意じゃなくて……」と口ごもると、すかさず浜田雅功が西川の頭を叩き、西川は「俺のせい。俺のせいだ~」と嘆いた。松本人志も「しゃべりづらい空気作ったもん。邪魔したもん」と畳みかける。まさに20年以上変わらぬコンビネーションを見せつけたといえるだろう。

「西川はデビュー時にダウンタウンがMCを務める『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP!』(フジテレビ系)に出演し、見事な掛け合いを見せました。ダウンタウンの懐に入り、面白がられる後輩気質をうまく現したといえるでしょう。当時は、お笑い芸人より面白いミュージシャンが現れたともいわれていましたね」(芸能ライター)

 今回の放送では、西川が出身地の滋賀県の親善大使を務め、地元の企業とコラボしたグッズや商品を制作販売していると紹介された。これには松本が「我々も大使やりましたけど。何ももらっていない。1銭ももらっていない」と話した。これは先ごろ2025年の開催が決定した大阪万博のアンバサダーを務めた件だろう。西川は「2人で10億ずつくらい入る?」と振ると、松本は「少なくとも俺は1銭ももらってない」「浜田の内ポケットがもっこりしていた」とたたみかけ、西川も強くうなずき笑いを作っていた。西川の笑いへの反射神経は現在もなお衰えていないと言えるだろう。
(文=相川ナロウ)

ダウンタウンと西川貴教の“掛け合い”が見事すぎ! 20年以上の付き合いゆえ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!