このV字回復は本物なのか?

 10月14日に放送された新垣結衣と松田龍平がW主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)第6話の平均視聴率が10.0%を記録。前回から1.7ポイントの上昇となり、第1話の11.5%以来の2桁復帰となった。

「新垣のヒット作『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)などで知られる脚本家、野木亜紀子氏との再タッグとあって、期待度は今期NO1でした。ところが、みんなが好きな“ガッキースマイル”が封印され、痛々しい姿ばかりが描かれたことに視聴者が拒否反応を示し、視聴率は苦戦を強いられていました」(テレビ誌ライター)

 いよいよ新垣が本領発揮かと思いきや、今回の上昇は一時的だった可能性もあるという。前出のテレビ誌ライターが続ける。

「裏番組ではバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の新企画『モンスターハウス』第3話が放送されていました。見知らぬ男女6人が“テラスハウス風”シェアハウスで恋愛を繰り広げるというもので、クロちゃんは莉音と蘭に二股アプローチ中だった。それが今回は蘭と急接近。うまく距離を詰め、手を握ったりしながらついにキス。さらに2度、3度とキスし、彼女が部屋へ戻ると蘭のグラスをなめ回し、座っていた場所の臭いを嗅ぐなど奇行を重ねた。これに視聴者からは『クロちゃんだけは無理。無理無理』『心底気持ち悪い』との声が殺到。そのためチャンネルを変えた視聴者が“仕方なく”『けもなれ』に流れた可能性もあります」

 ネット上では『水曜日の~』ファンからの「この企画が続くなら観るのをやめる」との声も聞かれるが、新垣のドラマの復調のカギは、“クロちゃんしだい”となりそうだ。

新垣結衣『けもなれ』V字回復は「クロちゃんのキモすぎるキス」のおかげ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!