10月11日からスタートした、新垣結衣主演の新ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)。この中で上野発役を演じている犬飼貴丈が、ネット上で「可愛すぎるんだが」「残念イケメンなキャラ設定にキュンキュンしてるの私だけ?」と話題をさらった。

『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の脚本家・野木亜紀子と新垣が再タッグを組んだ同ドラマ。ほかに松田龍平・黒木華・田中圭・菊地凛子といったキャストが集結しており、現代を生きる人々のリアルに徹底的にこだわった“ラブかもしれない”ストーリーが描き出される。

 犬飼が演じる上野は、主人公・晶(新垣)が務める「ツクモ・クリエイト・ジャパン」の新人営業マン。無気力な“ボンクラ社員”で、接待先との会食では居眠りを始め会計すらまともにできない。そんな上野を毎回晶がフォローする形になるが、当の本人は職場でプリンを食べながら「生きてることがしんどいんです。楽しいこともないしお金もないし、消えてなくなりたい」とボソリ。ミスが発覚すると体調不良を言い訳にして一目散に退社するなど、どこまでもボンクラぶりを発揮してみせた。

「上野役の犬飼は、特撮ドラマ『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)の主人公・桐生戦兎を演じて注目を集めました。桐生は驚異的な頭脳と身体能力を兼ね備えた天才物理学者だっただけに、真逆のキャラクターとなる上野のボンクラぶりに驚いたファンも多かったようす。社長から叱責を受けたときには首を縦にブンブンと振って頷いたり、鞄を抱くようにしてオドオドしたりと挙動不審な雰囲気も全開。犬飼自身インスタグラムで『ヒーローとはかけ離れた犬飼貴丈をよろしくお願いします』と告知したほどで、天才ヒーローとのギャップが視聴者の心をくすぐったのかもしれません」(芸能ライター)

 ボンクラ社員・上野の姿に、ネット上では「なんかイヌみたいな可愛らしさというか、ほっとけない感じするよね」「ビルドのイメージが強いせいであまりのポンコツっぷりに笑っちゃった」「ダメダメ感がハンパないけど、それを演じきれる犬飼くんの演技力がすごい」といった声が続出。また「ダメ社員なのにイケメンすぎてズルい!」「遠くから見ると山田孝之に似てる」と上野のビジュアルに反応するファンも多かった。

「犬飼は『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを獲得するほどのイケメン俳優で、特技に『110mハードル』を挙げるなど運動神経も抜群。上野発というキャラは犬飼の長所を封印するような役ですが、演技力を高く評価されて見事新境地の開拓に成功したと言えるのではないでしょうか」(同)

 これから上野は成長していくのか、それともボンクラのまま終わってしまうのか。期待しながら見守ろう。

『獣になれない私たち』の犬飼貴丈、あまりのポンコツぶりが逆に可愛い? 悶絶するファン続出のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!