夢の共演は見られるのか?

 正月特番に向けて、水面下では各局の目玉企画合戦が行われているようだ。中でも特A扱いさているのが、木村拓哉と次女でモデルのKoki,を共演プランだという。

「木村は主演映画『検察側の罪人』の囲み取材の際、『いつかはKoki,さんと共演したいですか?』と聞いた記者に、『なんでこの場でそんな質問するんですか!』と激高したと報じられました。そのためKoki,の話はタブーだと思われがちですが、実際はジャニーズサイドからNG指令が出ているわけではなく、旧知の宮根誠司とは番組で娘について語っています。なんとか木村を口説こうと、フジテレビとTBSが猛アプローチ。ドラマでも旅番組でも何でもいいから、とにいかく共演させように躍起になっているといいます」(芸能記者)

 Koki,が10月2日に『ボディメンテ ドリンク』のCM発表会に登場した際には、140人もの報道陣が詰めかけたほど。もし親子共演となれば、高視聴率が期待できるのは間違いないだろう。

 木村のほうも一時は人気急落が危惧されていたものの、“良き父親”のイメージがついたことで、CMオファーが殺到。メリットが大きいことはわかっているだけに、正月特番ならば可能性がない話ではなさそう。しかし、この話は“ある理由”から遅々として進まないのだという。

「母親の工藤静香が『じゃあ私も』と言っているのだとか。しかし、Koki,に関して工藤が絡んだ瞬間、世間はネガティブなイメージを持たれてしまう。工藤がKoki,の画像をインスタグラムに上げた際には、必ずといっていいほど『しゃしゃり出てくるな』『娘を利用している』との批判が殺到しています。工藤が混ざった瞬間、夢の共演が“ただの共演”となり、破格のギャラに見合わなくなってしまう。局側もそれをストーレートに言うわけに行きませんから、頓挫するしかないのでしょう」(前出・芸能記者)

 工藤が“察して”くれるといいが…。

木村拓哉とKoki,の“夢の共演”企画が進まない理由は工藤静香の「私も」!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!