フジテレビの宮内正喜社長が27日都内で定例会見を行い、この日公開初日を迎えた映画『劇場版コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』について意見を述べた。

 宮内社長は「出足は非常に好調と聞いております」と明かし、編成統括局長の石原隆取締役も「最終的には100億円も狙える、と配給の東宝から報告を受けている」と明かし、この夏最大のヒット作になる自信を深めているようだ。

 山下智久、新垣結衣など豪華キャストに加え、過去3シーズン、10年間の“固定客”がいることを考えればヒットはある程度約束されたも同然か。

 ただ、タイミングの悪さというべきか、大事な初週週末は映画どころではないかもしれない。

 現在、台風12号が接近中。28日午後には東京地方に上陸するとみられている。ここ数週間の歴史的猛暑や災害に加え、今度は台風……今年の夏は日本人にとって試練となりそうだ。

 それだけに「映画を見ている場合じゃない」となってもおかしくはないかもしれない。スタートダッシュは映画興収の重要局面。天下の『コード・ブルー』も難しいかもしれない。

 映画は災害を救う内容ではあるが、それ以前にリアルな災害があっては……。

台風で『コード・ブルー』初週惨敗も……? フジ「出足好調」「100億円狙える」自信も不運がのページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!