木村拓哉は「ジャニーズ・ヒーロー」…『美 少年』メンバーも魅了するカリスマ性はまさにレジェンド!

大西かずや

 ジャニーズJr.内のユニット「美 少年」が7月14日に発売された「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)に登場し、岩崎大昇が事務所の先輩である木村拓哉への憧れを語っている。

 同誌では、美 少年の6人による学園の平和を守る戦隊ヒーローの活躍が描かれるドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(テレビ朝日系)が同月31日から放送開始されることにちなみ、メンバーそれぞれが“ジャニーズ・ヒーロー”を訊かれることになった。

 美 少年は昨年行われた嵐の『アラフェス 2020 at 国立競技場』でバックダンサーを務めたこともあり、佐藤龍我が相葉雅紀、那須雄登が櫻井翔、金指一世が松本潤と、嵐からの選出が多かった。また、藤井直樹は「親身になって相談に乗ってくれる」という理由からKing & Princeの高橋海人を、浮所飛貴は「ジャニーズに入ろうと思ったきっかけ」だとして、Sexy Zoneの中島健人の名前を挙げた。

 そんな中、同ドラマの主人公を演じる岩崎大昇は、「ずっと真っすぐ自分の道を歩き続けている、ブレないスタイルがヒーロー」との理由から木村の名前を挙げた。岩崎は現在18歳で、木村の次女であるモデルのKoki,と同い年。木村は親子ほど年齢の離れた後輩をも魅了しているようだ。

 事務所のレジェンド的な存在である木村への憧れを公言する若手はほかにもおり、Snow Manはラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)で木村へのリスペクトを語っている。メンバーの中でも“木村愛”が特に強いのが向井康二で、今年2月に放送されたラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)に出演した際には、2004年に放送された月9ドラマ『プライド』(フジテレビ系)で木村が演じた実業団のアイスホッケーチームで活躍する青年・里中ハルの髪型を真似して登場。番組中に木村から里中の口癖である「maybe」を引き出す一幕もあり、木村ファンを中心に話題を呼んだ。

 岩崎は以前「女性自身」(光文社)のインタビューで、「“日本のスター”というイメージで、アイドルの枠を超えて、すごい存在になっている木村(拓哉)さんをいつか超えたいと思っています!」と野望を語っている。今はまだ高すぎる目標かもしれないが、無事にCDデビューを果たし、SMAPや嵐のような国民的な人気グループに成長し、いずれは自身が次の世代のジャニーズから憧れられる存在に……。岩崎大昇はもちろん、「美 少年」メンバーの今後の活躍が楽しみだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

木村拓哉は「ジャニーズ・ヒーロー」…『美 少年』メンバーも魅了するカリスマ性はまさにレジェンド!のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!