乃木坂46エース・齋藤飛鳥、「鼻水?」意外なボケにファン驚き! 激レアショットに注目集まる

永尾兼

 乃木坂46の齋藤飛鳥が“モノボケ”している写真が、6月18日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)の連載『乃木撮』に掲載され、普段のキャラとは異なる姿にファンの注目が集まっている。

 乃木坂46のメンバー同士でオフショットを撮り合い、コメント付きで紹介する同連載。今回、齋藤はドロップ型のイヤリングを鼻の下にあてがい、おすまし顔をして見せた。顔の横には『♯鼻水?』というコピーが貼られているが、これが齋藤の狙ったものならば、“清楚”なイメージの乃木坂46のメンバーとしてはかなり攻めたボケといえる。

 この写真を撮影した新内眞衣は、「飛鳥は意外とボケたがりなんですよね。メンバーの前だからこそ見せるお茶目な表情もかわいい」と絶賛。齋藤はこれまでにも、香港の夜市を散歩中に、同期(1期生)で現在は卒業している若月佑美から、「めずらしく完全にデレ顔」と驚かれるほどの甘い表情を見せるなど、意外な素顔を何度も激写されている。普段はクールキャラで知られるが、この連載では激レアなショットが見られるため、ファンから熱視線を送られている。

 齋藤は海外でリラックスする傾向があるのか、以前、CM撮影のために台湾を訪れたときにも、同期の秋元真夏が「いつになくハイテンションになった」と報告し、握りこぶしを顎に添えてカメラをジッと見つめる“ぶりっ子ポーズ”を撮影することに成功。秋元に対しては普段仲が良いからこその“塩対応”がネタになっていることもあって、「真夏ちゃんの前でこんな表情を見せるなんて信じられない!」「合成じゃないよね?」とファンを驚かせた。

 齋藤といえば、2017年1月に発売された1stソロ写真集『潮騒』(幻冬舎)が、今年5月の36度目の重版で累計発行部数25,6万部と異例のロングセールス中だ。そのロケ地は北海道と沖縄だったが、2nd写真集では海外で『乃木撮』ばりにリラックスする姿を見たいと願うファンも多そうだ。
(文=永尾兼)

<ライタープロフィール>
AKB48にハマったのをキッカケに、女性アイドルの追っかけ兼ライターとして活動中。現在は坂道グループ(乃木坂46、櫻坂46、日向坂46)の記事を中心に執筆。元乃木坂46の橋本奈々未を永遠推し。

乃木坂46エース・齋藤飛鳥、「鼻水?」意外なボケにファン驚き! 激レアショットに注目集まるのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!