中居正広『金スマ』が打ち切りの危機!? CMもゼロで「ジャニーズからの独立」が徐々に影響か

斉木順

 元SMAPの中居正広の冠番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ(通称:金スマ)』(TBS系)が打ち切りの危機にあると報じられている。独立後に思うように仕事が増えていない中居にとって“最後の砦”と見る向きがあり、もし終了すれば窮地に陥る可能性もあるようだ。

 14日付の「デイリー新潮」(新潮社)が『中居正広「金スマ」終了の危機 前番組「ぴったんこ」も終わっていよいよ現実味』などと伝えており、同じ曜日に放送されている人気番組『ぴったんこカン・カン』(同)が秋の改編で終了する煽りを受けそうだという。

 中居がMCを務める『金スマ』は20年にわたって放送されている長寿番組で、かつては19時枠の『爆報!THEフライデー』、20時枠の『ぴったんこカン・カン』、21時枠の『金スマ』という“バラエティ三本立て”の相乗効果で高視聴率を記録していた。

 しかし、今春に『爆報!THEフライデー』が終了し、同局の安住紳一郎アナが朝の帯番組を担当する影響で『ぴったんこカン・カン』も9月いっぱいでの終了が決定。取り残されたかのような形になった『金スマ』に打ち切り説がささやかれるようになったようだ。

 最近は「企画が迷走している」「金スマっぽくない」といわれることも増えた。かつては芸能人の知られざる波乱万丈の半生を取り上げたり、社会的な女性問題に切り込むような企画があったりと独自性が強かったが、近年は芸人を集めただけの安易な特集が増えた。また、そもそも別番組のスペシャルなどの影響で放送回数自体が減っている。

 もし番組が好調であれば、局側は放送回数を減らすようなことはしないはずで、いよいよ「リストラ候補」になる可能性が高まってきたといえる。

 昨春にジャニーズ事務所を退所し、独立してからも「安泰」とみられていた中居だが、今年3月には冠番組『新・日本男児と中居』(日本テレビ系)が終了。『中居くん温泉』から25年にわたって続いてきた深夜の冠枠で、中居は打ち切りに大きなショックを受けたと伝えられた。

 現在、中居のレギュラー番組は『金スマ』のほかに、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)、『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)があるが、もし『金スマ』が終わるようなことがあれば、打ち切りの“ドミノ倒し”のような状況になることも考えられる。
 
誰もが認める知名度の高さがありながら、タレントの人気のバロメーターといわれるCM出演もゼロ。中居はラジオ番組やバラエティで「仕事がない」「CMのオファーがこない」などと冗談めかして愚痴っていたが、半ば本気の発言だったともみられる。

 一部では、中居が先に独立した元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎との接触を匂わせたため、ジャニーズ事務所への忖度で局や広告代理店が中居を敬遠するようになったとの見方もある。

 いずれにしても、抜群の知名度とMCスキルを持つはずの中居が窮地に陥っているのは何かしら理由がありそう。その原因は「ジャニーズからの独立」にあるのか、それとも別の問題があるのか。最後の砦ともいえる『金スマ』の今後が、中居の将来に大きな影響を与えることになりそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

中居正広『金スマ』が打ち切りの危機!? CMもゼロで「ジャニーズからの独立」が徐々に影響かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!