波瑠『救命ドラマ』、山下智久に続く“人気シリーズ化”に期待! 岸優太「本当の医者?」と絶賛

大西かずや

 現在放送中の春ドラマが終盤を迎え、ネット上で夏ドラマへの関心が高まる中、6月21日スタート予定の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)に注目が集まっている。

 昼夜完全交代制を試験的に導入した病院を舞台に、夜間救急専門医の『ナイト・ドクター』として招集された5人の医師たちの成長を描く同ドラマ。波瑠は月9初出演にして初主演という大役を任されることになる。

 同局はこれまで数々の医療系ドラマを放送してきたが、救命ドラマに限っていえば、2008年にスタートした『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズが大ヒット。同作品は山下智久が主演を務め、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未ら豪華な布陣が脇を固めて人気を集めた。

 一方の『ナイト・ドクター』もまったく負けていない。メインキャストに田中圭や北村匠海、岡崎紗絵、King & Princeの岸優太といった、他ドラマでは主演を張る俳優や人気急上昇中のメンツが顔を揃えている。

 さらに、『コード・ブルー』の特別編スペシャルを担当した野田悠介氏がプロデューサーを務めていることもあり、ネット上では「ヒットの予感」「シリーズ化するような人気作になってほしい」などと、波瑠ファンを中心に盛り上がりをみせているようだ。

 その波瑠が演じる朝倉美月は“負けず嫌いで行動力があり歯に衣着せぬ性格”で、人気シリーズ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)で米倉涼子が演じる主人公に通じるところもあり、視聴者にハマれば“強い役”とも言えそうだ。

 波瑠も米倉のように役作りを徹底しているようで、公式サイトのインタビューで岸は「お芝居の撮影が始まると、セリフや演技の覚え方の早さが尋常ではないんですよ。医療監修の先生も、思わずうなずかせてしまうような、一緒にお芝居をしている僕が、本当の医者なんじゃないか? と、思ってしまう演技や技術に脱帽しました」と絶賛。芝居経験がまだ少ない岸にとって、良きお手本になっているようだ。

 直近の主演ドラマである昨年10月期放送の『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜』(日本テレビ系)ではラブコメに挑戦した波瑠。新作はテイストがガラリと変わることになるが、シリーズ化されて新たな代表作になることを期待したい。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

波瑠『救命ドラマ』、山下智久に続く“人気シリーズ化”に期待! 岸優太「本当の医者?」と絶賛のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!