波瑠、“大食いキャラ”発揮の可能性? 『変わり者』評価でバラエティ番組での活躍にも期待

大西かずや

 人気女優の波瑠が6月1日発売の週刊誌「週刊SPA!」(扶桑社)に登場し、見た目からは想像もできない告白で注目を集めている。

 同誌が今号で33周年を迎えたことにちなみ「33個食べられる料理は?」と訊かれた波瑠は、「ギョーザです」と回答。補足として、「実家に住んでいたとき、4人家族で50個焼いたうちの30個は私が食べていたので余裕ですね」と語った。

 波瑠といえば、かつて「Seventeen」「non-no」(ともに集英社)といった女性ファッション誌で専属モデルを務めるなど、スレンダー美女として知られており、「そんなに食べるの!?」「意外過ぎる」などと読者を驚かせることになったようだ。

 また、昨年3月放送のバラエティ番組『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)で共演した、人気大食いYouTuber・木下ゆうかの動画をチェックしていることを明かしているため、「大食いについて研究?」「いずれバラエティ番組でキャラを発揮してほしい」などと、ファンからは期待の声も寄せられている。

 さらに同誌では、「周りからは価値観が相当変わっていると言われる」とも語った波瑠。2018年7月に放送された特番『超問クイズ!石原さとみ&波瑠ら日テレ系新ドラマの豪華俳優陣が大集合SP』(日本テレビ系)では、“思わずニオイを嗅いでしまうもの”というアンケート回答の5位以内を当てるクイズにチャレンジした際、「切った爪」だと解答し、それが自身の癖であることを明かしたことでスタジオ内の笑いをかっさらっていた。

 同番組に出演していたドラマの共演者たちからも「変でしょう? 変な人でしょう」と評価されていたが、クールビューティーな見た目とのギャップをバラエティ番組で出す機会が増えれば、これまでとは違う層のファンを獲得するキッカケになるかもしれない。

「週刊SPA!」では、6月17日に30歳の誕生日を迎えることにちなみ、変わらない透明感の秘訣について訊かれると「悟りを開くこと……?(笑)」と謎めいた回答をした波瑠。その不思議なキャラクターで今後もファンを楽しませてくれそうだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

波瑠、“大食いキャラ”発揮の可能性? 『変わり者』評価でバラエティ番組での活躍にも期待のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!