橋本環奈、すっぴん(?)美肌に絶賛の声! 広瀬すずとの“不仲説”払拭で「名コンビ」と話題

大西かずや

 女優の橋本環奈と広瀬すずが6月6日、共演する連続ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)の公式インスタグラムで実施されたライブ配信に登場。現在22歳で同い年、ともに主演級の売れっ子が揃い踏みとあって注目が集まった。

 ドラマの映像などと比べれば画質で劣るネット配信だが、それでも変わらぬ美貌ぶりにファンからは絶賛の声が相次ぐことに。特に橋本に関してはすっぴんに見えるほどナチュラルな肌を見せ、「やっぱり売れっ子女優の肌質は格別だね」「赤ちゃんみたいな肌」などと驚きの声が上がることになった。

 さらに、劇中での“親友”という間柄そのままに親しげな様子を見せたことでファンをほっこりさせたが、この配信に参加していた同作品の入江悠監督は初共演シーンを振り返り、「僕は内心ドキドキして観てました」と告白。のちのちのストーリー展開を見越しての懸念だったようだ。

 同ドラマは、櫻井翔演じるポンコツ探偵・風真尚希と広瀬演じる天才助手・美神アンナの凸凹バディが、探偵事務所ネメシスに持ち込まれる事件を解決していく推理ミステリー。橋本は“天才理系大学生” 四葉朋美役で第3話から出演しているが、終盤からアンナと対立する関係になるため、入江監督は「結構、俳優さんによってはあるじゃないですか。のちのち対決するときはもうあんまり触れ合わない」と、役作りのために現場がピリつくことを危惧していたのだという。

 そんな監督の心配は露知らず、ふたりは第3話の爆弾事件の舞台となったレジャー施設『八景島シーパラダイス』でのロケを「超楽しんでた」そうで、ファンを笑わせることになった。

 同ドラマは人気者同士の初共演ということで、スタート前にはネット上で「バチバチになるのでは」と懸念する声もチラホラあった。6月8日発売の週刊誌「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、これまで共演作がなかったことに対し“不仲説”が浮上していたが、実際には意気投合していて、「スタッフの間でも、2人は、“仲のいいクラスメートみたい”と評判」とのことで、コミカルな演技が得意な橋本、“正統派”な演技をする広瀬と異なるタイプのためお互いに刺激し合っているそうだ。

 6月13日にいよいよ最終回を迎える『ネメシス』。放送開始前には “映画化”の話がセットになっていると一部で伝えられていたが、同い年の美少女コンビをスクリーンで観る日は来るのだろうか…。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

橋本環奈、すっぴん(?)美肌に絶賛の声! 広瀬すずとの“不仲説”払拭で「名コンビ」と話題のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!