BTS・ジョングク、待ち受け画面は驚きの“あのふたり”! 「ハードル高すぎ」とマネできないファン続出

鈴木紬

 29日放送のBTSが出演する韓国のライブ&トーク番組『Let’s BTS!』(KBS)で、最年少メンバー・ジョングクが明かした意外な一面が反響を呼んでいる。

 番組では、ファンの疑問をもとに作られた質問にメンバーが3秒以内に答えていく企画「スピードQ&A」を放送。そのなかで、最年少メンバーであるジョングクが、「スマホの待ち受け画面は?」との質問に対し「お母さんとお父さんの写真」と即答したことが話題となっている。

 ネット上では「23歳で待ち受けを両親にしてるジョングク、愛おしすぎる」「どんだけいい子なの!」「感動……ピュアすぎん?」と歓喜するファンが続出。さらに、「いくらジョングクとお揃いにしたいと思ったとしても、待ち受けを両親にするのはハードル高すぎ」「待ち受けを両親にするべきか……。今、ジョングクファンの度量が試されている……」と真似することに二の足を踏むファンも少なくないようだ。

 ジョングクは24日放送の韓国のバラエティ番組『You Quiz on the Block』(tvN)で、地元・釜山からソウルに上京した13歳(日本年齢)当時のエピソードとして、「コンビニでカップラーメンを食べながら、母に会いたくて泣きました」と語っている。今や世界的アーティストに成長した彼だが、親を慕う気持ちは変わらないようだ。

 ジョングクといえば、2019年から体にタトゥーを入れ始め、今年1月には右腕に“巨大な赤い目”や“メロイックサイン”などのモチーフがほぼ隙間なく彫られていることが発覚し、大きな話題に。増え続けるタトゥーに「精神的不安を抱えているのでは?」と心配する声や、「以前と変わってしまった……」と困惑するファンが相次いだ。

 今回の待ち受け画面のエピソードは、ジョングクのピュアな性格を改めて世に知らしめることとなった。多くのファンを「中身は何も変わってない」と安心させたが、同時に「ちょっと純粋すぎない?」と心配するファンもいるようだ。
(文=鈴木紬)

<ライタープロフィール>
芸能誌の編集者を経て、エンタメ系ライターとして活動。関心のあるジャンルは、女性アイドルグループ、K-POP、ドラマ、お笑い、ユーチューバーなど。芸能人のSNSのパトロールが日課。

BTS・ジョングク、待ち受け画面は驚きの“あのふたり”! 「ハードル高すぎ」とマネできないファン続出のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!