南島原市のPR動画が「満島ひかりの無駄遣い」と話題! キレキレのダンスを披露する“お宝映像”も

斉木順

 女優の満島ひかりが、長崎県南島原市のPR動画に出演。さまざまなタイプの一般人から天草四郎までひとりで何役もこなす演技力の高さとキレキレのダンスを見せつけたことで「いい意味で満島ひかりの無駄遣い」などとネット上で話題を集めている。

 動画は先月15日にYouTubeで公開され、架空のローカル番組『突撃!南島原情報局』が市内の名所や名物などを紹介していくという内容になっている。

 約26分という長尺の動画は、ほぼ全編にわたって満島が出ずっぱり。そうめん名人の奥さん、市の観光振興課の広報女性、プレゼントコーナーに電話出演する視聴者、イルカウォッチングに参加したクセ強めの女性……と、何役もこなしながら一般人キャラクターを見事に演じ分けている。広報女性を演じる際はぎこちない「棒読み」まで披露しており、驚くほどのなりきり度だ。

 さらに、番組の合間には地方感あふれる「ローカルCM」がはまされるのだが、これにも満島は地元の歴史上の英雄・天草四郎になりきって出演。天草四郎の扮装のまま音楽に合わせてキレキレのダンスを披露している場面もあり、かつて所属していた女性ダンス&ボーカルグループ「Folder5」時代を彷彿とさせるお宝映像となっている。
 
監督を務めた渋江修平氏は「週刊女性PRIME」(主婦と生活社)の取材に「ローカルCMにありそうなダサいものにしたかったのに、満島さんのダンスがうまくて、カッコいいので、全然ダサくならなくて(笑)」と、撮影秘話を披露。あえて「古臭い振り付け」にすることで何とかローカルCM風の雰囲気を出すことに成功したというが、満島のダンスのキレは監督にとっても想定外だったようだ。

 ネット上でも「いい意味で満島ひかりの無駄づかいで素晴らしい」「満島ひかりじゃなかったら成り立たないであろう絶妙なバランス」「棒読みっぽくコメントする市役所職員の演技が完璧」「満島ひかり無双」などと反響を呼び、地域のPR動画としては異例となる17万回再生(3月4日現在)を記録するなど話題を集めている。

 満島は業界屈指の実力派女優として知られ、映画やドラマに引っ張りだこだったが、2018年に事務所から独立したことをきっかけに出演作を厳選するように。沖縄出身で南島原市との関係はないはずの満島だが、NHK BSプレミアムのドラマ『シリーズ江戸川乱歩短編集』でタッグを組んだ渋江監督の縁で、今回の動画への出演を決めたという。そういった仕事に対するスタンスも、支持を集める要因になっているのだろう。

 今回の動画は南島原市にとって大きなPRになりそうだが、同時に「女優・満島ひかり」の引き出しの多さや懐の深さを再認識させる動画にもなっているといえそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

南島原市のPR動画が「満島ひかりの無駄遣い」と話題! キレキレのダンスを披露する“お宝映像”ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!