相葉雅紀「フルマラソン挑戦」に親友・横山裕が駆けつけ… 固い絆にファンは感動の嵐! 「こんないい笑顔初めて見た」

藤川響子

 嵐の相葉雅紀が20日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)でフルマラソンに挑戦し、親友である関ジャニ∞・横山裕が駆けつけた際のやりとりがファンの感動を呼んでいる。

 いろんな人の「やってみたい」「見てみたい」に挑戦する同番組にゲスト出演した相葉は、VTRで「ここ数年言ってることがあって。フルマラソン、42.195kmを走ってみたい」とコメント。同番組の初回放送で、司会の嵐・櫻井翔がバク転に挑戦したことに感銘を受け、「俺も本気で挑戦したい」との思いに至ったと説明した。

 相葉が街中で走ると「いろいろ大変」なため、フルマラソンはビルの屋上に設置されたランニングマシンで挑戦。風間俊介や狩野英孝といったゲストの応援もあり、始めこそ楽しげに走っていた相葉だったが、25kmが経過したあたりからは、手すりを掴んでしまうなど、かなり辛そうな様子を見せるように。ペースを落としつつ「足の感覚がなくなってきた」「ヤベェ」と弱音を吐く中、応援に駆け付けたのは横山。その姿を見ただけで相葉は感嘆の声を上げながら「何やってんのよ!」と大喜びしていた。

 横山は自ら志願して相葉と一緒に走り始めたが、相葉は足がつってしまい一時ストップ。「マラソンをナメてました」と落ち込む相葉に、横山は明るく「30kmまで見届けるわ!」と宣言し、よれよれのTシャツにボサボサ髪というなりふり構わないスタイルで併走を続け、その姿に解説を担当していた元マラソンランナー・増田明美は「これはテレビを無視した友情ですね」と感心。相葉も「本気出してくれてるよ」と感激した様子を見せていた。

 30kmまで走り終えた相葉を見届け、横山は「行けるで!」と拳を振り上げながらかっこよく退場。しかし相葉はその後、次の応援ゲストであるバイきんぐ・小峠英二が出現すると「来てくれたんだ。嬉しいよ。嬉しいんだけどさ……ギブアップします!」と無念のリタイアとなり、フルマラソン挑戦はあえなく失敗に終わったのだった。

 相葉と横山はジャニーズJr.時代からの親友として知られている。今回、横山が来た瞬間の相葉の心からの笑顔や、なりふり構わない姿で親友のために力を尽くした横山の姿に感動した人は多かったようで、ネット上では「相葉氏のこんな自然でいい笑顔初めて見たかも」「横山くんと相葉くんの友情に感動しちゃった」「相葉ちゃんも走りながら泣いてたよね ヨコ良い人すぎて感動したよ」といったコメントが上がっている。

 横山といえば1月4日に新型コロナウイルスに感染したことを公表し、同月15日に活動を再開したばかり。2月3日からは主演舞台『マシーン日記』も始まるなど多忙で、体力的にも精神的にも大変だったと思われるが、大事な親友のために駆けつけた横山の男気溢れる姿に胸を打たれた人は多かったようだ。

(文=藤川響子)

<プロフィール>
ドラマ「人間・失格」に出ていたKinki Kidsの堂本光一さんに一目惚れしてジャニーズ沼へ落ちた三十路ライター。いまは美 少年の浮所飛貴くんにときめいています。

相葉雅紀「フルマラソン挑戦」に親友・横山裕が駆けつけ… 固い絆にファンは感動の嵐! 「こんないい笑顔初めて見た」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!