二宮和也、『VS魂』の今後を心配? レギュラー出演者の顔ぶれに「あれは大変」「どういう空気感になるんだろう」

宇原翼

 嵐の二宮和也が、相葉雅紀が司会を務める『VS魂』(フジテレビ系)について、レギュラー出演者の顔ぶれを心配するコメントをし、話題となっている。

 二宮は2月7日放送の『BAY STORM』(bayfm)で「こないだ『VS魂』に出たんですよ、代打で」と、相葉のピンチヒッターを務めたことを振り返った。同番組は1月3日に初回生放送でスタートしたものの、相葉は体調不良により翌4日の番組収録を欠席。急きょ14日放送回に二宮、21日放送回に関ジャニ∞・村上信五を迎えて収録されたが、二宮は収録前夜にマネジャーからスケジュールの確認をされ、当日朝に正式なオファーを受けたとドタバタだった内情を明かし、「大変でしたよ」とこぼした。

 さらに番組のレギュラー出演者についての懸念も明かしている。収録時、事前の打ち合わせもろくにできなかった上に、「副キャプテン」としてレギュラー出演が決まっていた風間俊介も新型コロナウイルス感染のため欠席で頼れる人もいなかったと振り返った二宮は、「あれやって思ったけど、風間くん大変だよ、きっと。みんなボケの人ばっかりだから」とコメント。「これでプラスワン(のゲスト)とかもボケの人来たら大変だよ、あれ」「空気的には優しくて。いい空気感になるだろうけど……すっごい、どういう空気感になるんだろうと思って」と心配し、「俺はツッコミだからさ。大変でしたよ本当」と、“ボケ”揃いのレギュラーメンバーに苦労したと笑いながら語った。

 『VS嵐』の後継番組として始まった『VS魂』は、相葉の補佐役を風間が務めるほか、Sexy Zone・佐藤勝利、ジャニーズWEST・藤井流星、King & Prince・岸優太、美 少年・浮所飛貴がレギュラー出演するという布陣。『ZIP!』(日本テレビ系)の月曜メインパーソナリティを務める風間をのぞき、相葉含む全員が天然キャラだと指摘されており、風間の負担が大きいとする二宮の発言に納得するジャニーズファンも多い。ネット上では、「レギュラーメンバーを固定じゃなくて、できたらグループ内でローテーションしたらよかったのに」「ジャニーズから毎回ランダムのほうが視聴率上がりそう」といった意見も出ている。

 番組冒頭では相葉のソロ曲「Hello Goodbye」を流し、無言のエールを送った印象もある二宮。『VS魂』は視聴率の不振も取り沙汰されるだけに、二宮の心配が杞憂に終わるといいのだが……。

(文=宇原翼)

<ライタープロフィール>
雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。ジャニーズやLDHを中心に、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ番組などを日々チェックしている。紅白出場の某歌手とはマイミクだったことも。

二宮和也、『VS魂』の今後を心配? レギュラー出演者の顔ぶれに「あれは大変」「どういう空気感になるんだろう」のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!