相葉雅紀、木村拓哉の「目を見ない」宣言… オーラに圧倒! フジテレビからの“忖度”疑惑も?

大西かずや

 嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)の後継として1月3日からスタートした『VS魂』でメインを務める相葉雅紀が、1月22日発売の情報誌「月刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)に登場。3時間スペシャルで放送された初回について振り返り、事務所の先輩である木村拓哉へのリベンジを誓った。

 木村とは、ダウトとすごろくを掛け合わせたゲーム『DAMASHI魂』で対戦した相葉だが、1回戦で敗北するという結果に。その敗因として「木村先輩のオーラにやられましたね」と振り返った。

 その木村は奇しくも、ちょうど1年前に放送された『VS嵐』に初登場し、嵐のメンバーに緊張感を与えていた。相葉は「憧れの大先輩」と語っていたが、そのリスペクトの気持ちが今回の勝負において不利に働いてしまったのだろう。

 その反省を踏まえて、「目を見ないで戦うしかないですね(笑)。あの目に押されちゃうんで、目を見ずに勝とうと思います!」と“木村対策”を語ったため、「早く再戦が見たい!」とファンの期待が高まることになった。

 圧倒的な勝負強さを発揮した木村と対比して、「相手が風間くんだったら、絶対勝てました」と、同じく番組レギュラーを務める風間俊介の名前を出して読者を笑わせた相葉だが、ジャニーズJr.時代から付き合いのある“盟友”には絶大な信頼を寄せている様子。

 相葉いわく「このキャスティングは、恐らくフジテレビさんが気を使ってくださったんでしょう」とのことだが、嵐のグループ活動が休止となり、ソロ始動することになった心細さを少しでも和らげるべく局側が忖度したのかもしれない。

 レギュラー陣にはさらに、以前から懇意にしているジャニーズWESTの藤井流星も名を連ねているため、相葉としては気が楽だろう。そこにSexy Zoneの佐藤勝利、King & Princeの岸優太、ジャニーズJr.内ユニット・美 少年の浮所飛貴という若い世代が加わることで、どんな化学変化が起こるのか楽しみでもある。

 相葉が体調不良により番組欠席したため、1月14日の放送では二宮和也、翌週は関ジャニ∞の村上信五が代役を務めたが、今後は嵐のメンバーや事務所の先輩・後輩がゲストとして登場する機会も増えるに違いない。レギュラー陣が結束して番組を盛り上げられるよう、相葉には“キャプテン”としての活躍を期待したいところだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

相葉雅紀、木村拓哉の「目を見ない」宣言… オーラに圧倒! フジテレビからの“忖度”疑惑も?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!