相葉雅紀『恋人にしたい有名人』1位で女性人気の高さを証明! 単独司会番組の不振は制作サイドの問題か

斉木順

 毎年恒例のオリコンのアンケート企画『第14回 女性が選ぶ恋人にしたい有名人ランキング』が14日に発表され、嵐の相葉雅紀が3年ぶりに1位を獲得した。単独司会を務める番組の不調がささやかれたこともあった相葉だが、圧倒的な女性支持の高さを見せつけたといえそうだ。

 相葉は前回は山下智久、前々回は田中圭に敗れて2位に甘んじていたが、今回は佐藤健に競り勝って首位を獲得。3位は中村倫也、4位は嵐の櫻井翔、5位はKing & Princeの平野紫耀、6位は高橋一生、7位は横浜流星、8位は吉沢亮と続いており、旬の俳優や同じ嵐のメンバー、後輩グループの一番人気などを抑えてのトップとなった。

 首位獲得のポイントになったのは「優しさ」と「笑顔」とのことで、投票した女性たちからは「大切にしてくれそう」「いつも笑顔で一緒にいたら幸せになれる」「かっこよくて、優しくて、スタイルよくて、天然で、何に対しても一生懸命で、まさに理想の恋人」といった声が寄せられている。不安の多い時代ということもあって、相葉の「安心感」が大きな魅力になっているようだ。

 投票者の年齢別でみると、相葉は10代で3位、20代で1位、40代と50代で2位と、幅広い年齢の女性にまんべんなく支持されていることがうかがえる。一般的に、嵐のファンは30代~40代が中心といわれてきたが、相葉は唯一30代でトップ5に入っておらず、意外にも「10代~20代の支持が強い」という事実が浮き彫りになった。

 相葉といえば、故・志村けんさんから受け継いだ動物番組をリニューアルさせた『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)や、昨年末でグループ活動を休止した嵐の冠番組の後継である『VS魂』(フジテレビ系)などバラエティの司会で活躍。だが、両番組ともに視聴率が振るわず、一部では「単独司会できるタイプじゃない」「ひとりになるとインパクトが弱い」などと揶揄する声も上がっていた。

 同じく嵐の冠番組を受け継いだ櫻井が司会を務める『1億3000万人のSHOWチャンネル』(日本テレビ系)が好調なため、余計に相葉への風当たりが強まってしまった面もある。
 
だが今回の首位返り咲きによって、嵐の誰よりも女性支持が高いことが判明。昨年、胸キュンドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)で大ブームを巻き起こした佐藤よりも上なのだから、その人気は圧倒的なものだ。

 となると、相葉の番組の視聴率が振るわないのは「相葉雅紀の使い方が悪い」「企画が悪い」という制作サイドの問題になってくる可能性がある。いずれにしても、女性人気の高さを証明したのは相葉の今後にとって大きな意味を持ちそうだ。
(文=斉木順)

<ライタープロフィール>
雑誌や書籍、ネットメディアで芸能記事を執筆中。アイドルから俳優、歌手、大御所まで幅広くカバーする柔軟さと情報網が強み。

相葉雅紀『恋人にしたい有名人』1位で女性人気の高さを証明! 単独司会番組の不振は制作サイドの問題かのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!