石原さとみ&北川景子、“山下智久絡みの遺恨”で共演NG? 「恋を恋と分かってなかった」意味深発言も

大西かずや

 2月15日発売の芸能雑誌「EX大衆」(双葉社)では、芸能界の“共演NGリスト”を公開。その中で、女優の石原さとみと北川景子がリストアップされていることについて、ネット上では「ふたりの立場になれば、確かに共演はしたくないかも」などと話題を呼んでいる。

 同誌が報じたところによれば、ふたりは「山下智久絡みの遺恨」によって共演NG状態だという。ともに山下とは共演経験があるが、それがキッカケで北川は2009年にデート報道が、石原は17年に“半同棲疑惑”が報じられている。

 現在はふたりとも既婚者となり、この不仲説は解消されているかもしれない。ただ、石原は“自分が気に入らないと、すぐに共演NGを出す”という傾向があるらしく、今回の特集では12年に舞台『ロミオとジュリエット』で共演したベテラン女優・キムラ緑子との対立関係も取り上げられている。

 また、石原も北川も主演級の女優として活躍していることもあり、ギャラ的な観点から考えても共演の可能性はあまり高くないようだ。

 そんな対立関係を生む出す原因(?)とされる山下との交際を含め、独身時代には数々の熱愛疑惑が報じられてきた北川だが、1月20日発売の情報誌「DVD&動画配信でーた」(KADOKAWA)のインタビュー内で、「私は今まで、恋を恋と分かってなかったような気がする」と発言しており、また16年にタレントのDAIGOと結婚したことで初めて「本気で人と向き合う愛を感じられた」とのコメントも残している。そのため、ネット上では「今までは全部遊びだったの?」などとツッコむ声が寄せられることにもなった。

 一方、同じく熱愛スキャンダルが多い山下は、昨年8月に未成年の女性モデルと飲酒&ホテル密会疑惑が報じられ、同年10月末にはジャニーズ事務所を退所。現在も独身を貫いているが、「本気で人と向き合う愛」を得てゴールインする日は訪れるのか。これ以上、共演NGの“火種”をつくり、制作陣の頭を悩ませることにならないよう願いたいものだが、果たして……。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

石原さとみ&北川景子、“山下智久絡みの遺恨”で共演NG? 「恋を恋と分かってなかった」意味深発言ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!