森七菜、“キス回避”で松村北斗ファンは安堵? 19歳で“ビールのCMづくり”に驚きの声も

大西かずや

 現在19歳の女優・森七菜が1月29日発売の情報誌「Mac Fan」(マイナビ出版)に登場。『ビールのCM』を自作したことを明かし、ファンを驚かせることになった。

 iPadユーザーの森は動画を視聴するだけでなく編集も行っているとのこと。「あくまでも自分で楽しむ用」と語り、その一例として以前、親戚同士で集まりしゃぶしゃぶをした際に「ちょっとお芝居をしてもらいながら」撮影したという。

 さらに「すごくいい映像になったので、それを編集して自作のビールのCMを作りました」と明かしたため、ネット上では「見てみたい!」「いずれは裏方でも活躍?」といった声が上がり、ファンを賑わせたようだ。

 そして森は8月に20歳の誕生日を迎えるため、今後は自身がイメージキャラクターに抜擢されてCM出演を果たす可能性もあり得る。ファンとしてはこちらにも期待したいところだろう。

 そんな森といえば、2月19日から公開予定の映画『ライアー×ライアー』で実年齢よりも先んじて20歳の役、しかも地味系とギャル系の“ひとりひと役ふたキャラ”という変則的な役柄を演じるということでも注目を集めている。

 普段は地味な大学生の高槻湊(森)がひょんなことをキッカケにギャルの格好をした際、SixTONESの松村北斗が演じる義理の弟(親の再婚相手の息子)の透に遭遇し、その透がひとめ惚れしてしまったことで、ふたつのキャラを演じ分けることになった。こうしたキャラ設定もあり、森は「とにかくキュンキュン楽しめるラブストーリーです」とプッシュしている。

 その中でも特に、透からキスされそうになり、口の前で手をバッテンにして回避するシーンを森は注目ポイントに挙げた。これは原作コミックを忠実に再現したとのことだが、実写化をするにあたって変更になる可能性もあっただけに、キスを拒むシーンは森と松村ファンを安堵させることになったようだ。

 1月24日には、デビュー以来お世話になっていた芸能事務所・アーブルを離れ、ソニー・ミュージックアーティスツと業務提携することが明らかになった森。心機一転、今後の快進撃が楽しみだ。
(文=大西かずや)

<ライタープロフィール>
大学卒業後、広告業を経てライターに。映画、ドラマ、音楽、その他諸々についてWebメディアを中心に執筆を手掛けている。

森七菜、“キス回避”で松村北斗ファンは安堵? 19歳で“ビールのCMづくり”に驚きの声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!