嵐・松本潤「引退&裏方転身」説を完全否定も… 「寂しい思いさせる」と露出減を示唆

沖田義豊

 年内をもってグループ活動を休止する嵐の冠番組『VS嵐』(フジテレビ系)が24日に最終回を迎え、その中でメンバーの松本潤がメディアで噂されていた「俳優引退」説に言及。活動継続を明言した一方、ファンに向けて「寂しい思いさせることもある」と露出を控える意向を示したことが話題になっている。

 最終回は一部生放送で4時間にわたる特番となり、メンバー5人だけで開催した相葉雅紀の誕生会の模様も放送された。

 1月からは相葉が単独MCを務める『VS魂』が後番組としてスタートするが、櫻井翔が「それに俺らは対戦相手として参加できるの?」と予想外の発言。相葉が「来てくれるんですね?来ますか!?」と念押しすると、櫻井は「ちょっと関係各所に……(確認しないと)」とお茶を濁して笑いを誘った。

 その流れで、櫻井は「ファンの人、視聴者の人からいったら松本潤のこれからも相当気になるところだろうなー」とさり気なく発言。これに松本は「ちょっとゆっくりしますから。すみませんね」と笑顔を見せながら語った。

 続けて、松本は「ファンの人たちにはブログで書いたんだけど、別に俺、引退するわけじゃないから。今までと比べたら(露出量は)少なくなるだろうし、寂しい思いすることもあると思いますが、自分がやりたいことをちゃんと届けたいなと思うので、しばしお待ちを」と発言。さらに「裏方に回りたいからこうするっていうわけではなく」とも語り、一部で報じられていた「俳優引退&演出家転身」説を明確に否定した。

 松本の引退説を気にしているファンは多かっただけに、櫻井がそれを否定する流れを上手くつくって松本に水を向けたとみられる。

 週刊誌メディアでは、松本がドラマや映画のオファーを断っていると報じられている。舞台に出演するという情報はあるものの、そちらの上演時期は来年後半ということで、2021年の前半はぽっかりとスケジュールが空いているとみられる。

 それが「引退説」につながっていたわけだが、本人の口で否定したことでファンは安心したようだ。

 リーダーの大野智が来年から無期限の活動休止に入るとみられ、それに加えて松本も事実上の休養となるとファンは確かに寂しい思いをするかもしれない。ファンは「自分がやりたいことをちゃんと届けたい」という松本の言葉を信じ、期待をふくらませながらその時を待つことになるだろう。
(文=沖田義豊)

<ライタープロフィール>
ジャニーズ好きの男性ライター。現役ジャニーズはもちろん、辞めジャニの動向チェックも怠らない。ライバルは青木源太アナ。

嵐・松本潤「引退&裏方転身」説を完全否定も… 「寂しい思いさせる」と露出減を示唆のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!