地方人気アナ「ジャニオタ公言」で大炎上! 熱狂的ファンの暴走に手越祐也が“ガチギレ”ていた過去も…

編集部

 熱狂的なジャニーズファンの次なる標的は地方の人気アナのようだ。

 OHK 岡山放送の淵本恭子アナウンサーが、4月18日放送の『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』(フジテレビ系)で、「ジャニーズファン」であることを公言し、ファンから怒りの声が続出している。

 この日、番組では「ジャニーズ級のイケメンしか愛せないアナウンサー」として紹介された淵本アナ。現在、嵐、King&Prince、KAT-TUNなど、7つのファンクラブに入っているというほどのジャニーズ好きだそうで、アナウンサーになったのも「ジャニーズに会えるかもしれないから」だというのだ。

 さらに、ゲストでお笑い芸人の陣内智則が「よしもと(吉本興業)とナベプロ(ワタナベエンターテインメント)でごめんね」と、スタジオにジャニーズメンバーが不在であることを告げると、淵本アナは「今日、ワンチャン、キンプリの岸(優太)くんとか来るかなって思ったんですけど」とポツリ。そのぶっちゃけトークには、出演者も苦笑いを浮かべていた。

 包み隠さず“ジャニオタ”であることを明かした淵本アナの素直な姿勢に「正直者だなー!」「逆に好感が持てる!」との声が上がったが、一方、若い女性有名人がジャニーズ関連の話題に触れただけでも敏感に反応する、熱狂的なジャニーズファンがそれを許すはずもないだろう。

 ファンサイトの掲示板やSNSなどでは「なんだよこのアナ!ムカつくわ」「ワンチャン岸くんに会えるかなって、なめてんのかよ!」など、淵本アナへのバッシングが始まったのだ。

地方人気アナ「ジャニオタ公言」で大炎上! 熱狂的ファンの暴走に手越祐也が“ガチギレ”ていた過去も…のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!