松嶋尚美、再び大炎上「危機感ゼロ」発言にバッシングの嵐! 過去には故人エピソードで「馬鹿笑い」していたことも…

編集部

松嶋尚美、再び大炎上「危機感ゼロ」発言にバッシングの嵐!過去には故人エピソードで「馬鹿笑い」していたことも…の画像1

 “天然”は多くの場合は笑いを誘うが、度を越すと大炎上を巻き起こすようだ。

 4月8日放送の情報トークバラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)にタレントの松嶋尚美が出演。政府から「外出自粛」が要請されているなか、放送前日に友人と遊んでいたことを告白し、ネット上では非難の声が続出している。

 この日は、スタジオからではなく「テレワーク形式」で番組に出演した松嶋。番組では、緊急事態宣言について議論が交わされ、先日の記者会見で安倍晋三首相が「人との接触機会を最低7割、極力8割削減してほしい」と呼びかけたことにも触れた。

 それについてMCの坂上忍から「尚美ちゃんはどんな感じなの?」と状況を聞かれると、松嶋は「昨日友達と遊んじゃって、家で」と苦笑いしながら発言。坂上やおぎやはぎの二人から「何やってんの?」「中継だからって、気抜いちゃっているよね?」などのツッコミが入り、また、坂上が「僕は正直な飾らない尚美ちゃんが好きです」と松嶋の人間性を褒めた上で、「今日から8割減をお願いします」と訴えると、松嶋は「本当にします! 絶対するから」と宣言していた。

 緊急事態宣言が発令された今、これまで以上に感染予防に向けて配慮しなければならない時期。しかし、ここにきて松嶋が「友達と遊んじゃって」と発言したことで、SNS上には「全く危機感がないんだろうね」「みんな我慢しているのに」「今の状況でこの発言はアウト」など、厳しい指摘が寄せられている。

 「首都圏を中心に感染者数は日に日に増えていますからね。少しでも人との接触を避け、感染拡大を防ぐため最善の努力をしなければなりません。ましてや、松嶋さんは2児の母ですから、より慎重に行動しなければいけない。テレビで堂々と発言したこともそうですが、今回ばかりは軽率すぎましたね。世間に漂う重苦しい空気すら読めていないようにも感じました」(芸能ライター)

 松嶋といえば、MCの坂上が述べていたように、良くも悪くも自分に正直なタイプ。その歯に衣着せぬ発言で世間の共感を得ることもあるが、今回のように大炎上を巻き起こすことも少なくない。

「昨年放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で松嶋さんは、苦手な女性について“陰気な女の子”と答えた上に、オドオドしながら『あんまりわかりません……』と実演。その小馬鹿にするような演技に、ネット上では『いじめっ子の視点じゃん』『大人しいタイプの人を軽蔑してんだろ』と非難が殺到していました。

また、5年前の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では、祖母を亡くしショックを受ける夫に対し、松嶋さんは励ましのメールを送ったそうなのですが、その文末には幽霊の絵文字が付けていたとか。それを見て夫は『深く傷ついた』と吐露したのですが、松嶋は『ちょうどハロウィンの時期だった』と手を叩いて爆笑していたんです。さすがに、これにはスタジオ内も凍り付いていましたね」(エンタメ誌ライター)

 ここまでくると、“天然”を超えて、“炎上商法”にすら見えてくるが……。いずれにせよ、今回のようなシャレにならないネタは控えるべきだといえるだろう。

松嶋尚美、再び大炎上「危機感ゼロ」発言にバッシングの嵐! 過去には故人エピソードで「馬鹿笑い」していたことも…のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!