彼はどこへ向かっているのか、謎は深まるばかりだ。元プロ野球選手・桑田真澄の次男でタレントのMattがついにマネキンとしてテレビCMに出演し、その違和感の無さが大きな反響を呼んでいる。

 Mattは今年で20周年を迎えるアメリカ人マネキン家族のブラックコメディドラマ『オー!マイキー』と初コラボし、マウスコンピューターの新ウェブCM「オー!マウス」シリーズに出演。主人公マイキーの兄役として登場し、マネキンファミリーに違和感なく溶け込んだ。Mattは共演者がマネキンのみという異様な撮影現場に戸惑いながらも、撮影されたシーンをモニターで確認すると、「パパと並ぶよりファミリー感ある!」と驚いたそう。あまりのハマり役に、監督から正式にマイキーの兄にならないか、と依頼されたMatt。これを快諾し、公式にマネキンファミリーの一員となった。

 多様な才能を持つタレントたちがさまざまな分野で活躍している芸能界だが、マネキンの家族に就任したタレントは未だかつていなかっただろう。モデルや音楽家としての経歴もあり、2017年頃からはそのユニークなキャラクターがウケて、バラエティー番組に多く出演するようになったMatt。メイクもその頃よりどんどん進化し続けてきた。

 自身のインスタグラムには一緒に写っている芸能人にも画像加工を施し“Matt化”させたものを投稿し、その度に話題を呼んできた。昨年末には美容雑誌「VOCE」(講談社)が主催する「BESTCOSMETICS AWARD 2019」でVOCE美容流行語大賞の特別賞「最もニュースな美容人2019」として表彰されてもいる。

 その驚きの美容技術でブレイクし注目を浴びたMattだが、2018年秋から2019年春までの半年間はテレビ出演を休業していたという。「電池がなくなり、充電していた」と休業の理由を明かしたMattは、半年間を美の研究に費やしたという。美しさに磨きをかけ、再登場を果たした彼はもはや人間離れした存在になっていた。

 復帰直後から磨きをかけた彼のその姿は「マネキンみたい」と驚かれてきたが、今回のCM出演で晴れて自他ともに認めるマネキンアーティストへと進化を遂げた。現在の芸能界でもトップクラスの色物と言えるが、どこを見渡しても競合は見当たらない。Mattの独走は続きそうだ。

Matt、ついにマネキン扱いされる… マネキンファミリーに公式に仲間入りするも違和感ゼロで“競合”もゼロ?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!