ちょっと抜けた部分もあったほうが、後輩から慕われやすいのかもしれない。

 1日に放送された『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』(ニッポン放送)に、欅坂46の尾関梨香が出演。2月に発表されたグループの新メンバー加入についてコメントした。2018年に加入した9名と合わせて、15名となった2期生とともに“新生・欅坂”として「2020年、パワーアップした欅坂を見せたい」と語った尾関。さらには「どんどんお姉ちゃんしちゃいます!」とも宣言し、ファンからも絶賛される面倒見の良さを存分に発揮することをアピールした。

 メインパーソナリティを務める『こち星 』に登場した尾関は、先月16日に決定した新・2期生について言及。当日の発表を自宅で見ていて、「それぞれのグループに合った子たちが配属されてるなぁ」「6人の子たちも欅坂らしい」と感じたことを明かした。さらには「若い後輩が増えて嬉しい」「どんどんお姉ちゃんしちゃいます!」と意欲を語り、現在若返り中のグループを盛り上げることを誓った。

 尾関は1期生としてグループ立ち上げ当初から欅坂で活躍し、5thシングル「風に吹かれても」ではフロントメンバーも経験した。また持ち前の性格の良さも相まって、親しみやすいキャラクターとして後輩から頼られる場面も。昨年4月に行われた2期生の単独イベントの練習でも、2期生メンバー・山崎天が「とても心配してくださって優しくて可愛くて大好きです」とブログで尾関とのツーショットを公開し、“お姉ちゃんキャラ”で後輩を引っ張る尾関を信頼している様子を見せた。

 そんな“お姉ちゃんキャラ”が板についてきた尾関に、ネットでも「大人おぜ!」「おぜ益々お姉さんになるね」といった成長ぶりを喜ぶファンが続出。また、「みんな期待してます!」と、新加入や卒業・脱退が相次ぎ変革の時を迎えているグループを盛り上げる尾関の活躍に期待する声も聞こえてきた。

 先月の『こち星 』では、平手友梨奈ら脱退・卒業・休養を発表したメンバー一人ひとりに対するメッセージを送っていた尾関。去っていくメンバーへの気遣いを忘れない一面もお姉ちゃんらしいと言えるだろう。新曲の一部も公開され新たなステージへと進む欅坂を、1期生としてどれだけ引っ張っていけるか。尾関の成長に、ファン全員が注目している。

尾関梨香「お姉ちゃん宣言」!変革期を迎えた欅坂46で、後輩に頼られる親しみやすいお姉さんキャラに成長?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!