TOKIO長瀬ジャニーズ事務所退所報道、続くのはKinKi Kids堂本剛?

編集部

TOKIO長瀬ジャニーズ事務所退所報道、続くのはKinKi Kids堂本剛?の画像1

 TOKIOの長瀬智也が所属するジャニーズ事務所を退所する意向であると『週刊文春』(文藝春秋)ならびに同誌のウェブサイトである「文春オンライン」が報じている。時期は2021年春以降になると見られる。長瀬の退所はかねてより噂されていたが、ここへきて現実味を帯びていたと言えるだろう。

 長瀬の退所の背景には、2018年に山口達也氏が未成年女性に対する強制わいせつ事件を起こし、グループ脱退と事務所退所を発表して以降、音楽活動が停滞している点にあると言える。

 こうした長瀬の動きに続きそうなのがKinKi Kidsの堂本剛である。両者は新人時代から苦楽をともにしてきた親友同士である。さらに音楽活動を活動の主軸に置いている点でも共通項がある。堂本剛もジャニー喜多川さんの死去後に独立説が強くささやかれてきた人物でもある。

「もうひとつ両者に共通しているのは自分の好きなことを仕事にしたいと考えている点ですね。現在のジャニーズ事務所の状況ではそれが思うようにできないといった不満が長瀬の中にあるのかもしれません。

堂本剛はすでに別名義でファンクアルバムを発表するなど自由な音楽活動を行っているほか、ダウンタウンの松本人志の『一人ごっつ』を意識した大喜利イベントを行っています。長瀬の場合は、バンド形態のためソロ活動が思うようにできないのがネックなのでしょう」(前出・同)

 堂本剛の場合、もはや「ジャニーズ事務所」のブランドを必要としない活動をしていると言える。長瀬もそうした自由な活動志向があるのではないだろうか。長瀬の決断に続き、親友の堂本剛も退所といった流れになる可能性は十分ありそうだ。(文=相川ナロウ)

TOKIO長瀬ジャニーズ事務所退所報道、続くのはKinKi Kids堂本剛?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!