事実上の“芸能界引退”か……。

 人気バラエティー番組『カミングアウトバラエティ!!秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)でMCを務める「みのもんた」が23日、番組から“勇退”することがわかった。

 その後任MCとして、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が就任。それに合わせて、番組名も『ディスカバリー・エンターテインメント 秘密のケンミンSHOW 極』へ変更となり、新コーナーとして「ケンミンの主張!東京どないやねん!?」などが新たに設けられるようだ。

 番組開始の2007年から12年間半に渡って司会を務めてきた「みの」。しかし、「サンケイスポーツ」の報道によれば、本人の意向により3月いっぱいをもって、自ら降板することを決断したという。

「年齢も年齢ですし体力的に限界だったのかもしれませんね。ネット上では『見ててきつそうだった』『もういい年だからね』と労いの言葉が多く上がっています。ただ、みのさんにとって『ケンミンSHOW』は地上波最後のレギュラー番組。今回の勇退により、みのさんを地上波で定期的に見る機会はほぼなくなるでしょうね」(芸能ライター)

 数年前まで多くの人気番組に出演していた「みの」だが、番組内での「セクハラ疑惑」や「次男の逮捕騒動」により仕事は大幅に減少。朝の人気情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)、ドキュメントバラエティ『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』(同)といったレギュラー番組が次々と降板となった。

みのもんた「芸能界引退濃厚」地上波番組ゼロに…… 「セクハラ騒動「次男逮捕」数々の不祥事で降板していた過去のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!