人気ネット配信番組『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム)でヤラセ演出があったことを11月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、現在話題となっている。

 問題はシーズン3にあったよう。バチェラーである友永真也氏は、開始当初から岩田恵さんへ好意があったものの、制作側の意図で水田あゆみさんを選ぶように仕向けたことや、友永氏が花嫁候補たちをドレス姿でプールを泳がせるシーンも友永氏の意向ではなく、制作側のヤラセ演出であったことなど、あらゆるヤラセを出演者の告発として記事では報じている。

 これに対して、ネットでは「まあ、ヤラセだろうと思っていた」という声が殺到。また、番組終了後、水田さんと別れて岩田さんとの交際を開始した友永氏へ同情の声も多く聞こえている。

「制作会社は吉本興業子会社であるYDクリエイションという会社で、この会社は吉本芸人が出演しているネット配信番組を手掛けています。

 ヤラセが報じられたことで、『バチェラー』と同じような番組『REA(L)OVE』にも疑惑の目が広がっているんです。まあ、こちらは『バチェラー』ほどの人気がないので、そこまで厳しくはならないでしょうが……(苦笑)」(芸能ライター)

 今回槍玉に上がったYDクリエイションは、Amazonやネットフリックスでの番組制作がほとんど。ヤラセがわかったことで、厳しい処分もある可能性もありそうだが……。

『バチェラー』ヤラセ報道、最大の被害者は……笑えない「批判」とその結果のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!