27日に橋本マナミがブログを更新し、一歳年下の医師との結婚を発表した。橋本は前日の26日に『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にゲスト出演しており「75歳までグラビアを続けたい」とも語っていた。この時点では、結婚に関しては何の言及もなされなかったが、普段出演する木曜日とは別の火曜日にイレギュラーに出演したため、結婚発表を意識したものと見られる。

 さらに、壇蜜も11月22日の「いい夫婦の日」に漫画家の清野とおる氏との結婚を発表している。期せずして、30代のウリが同じなタレントが相次いで結婚することになった。今後はこのジャンルの勢力図には何か変化は訪れるのだろうか。

「橋本が前日に出演した番組で『グラビアを続けたい』と語っている通り、今後も変化はないものと思われます。壇蜜も同様でしょう。両者ともに、いわば遅咲きでブレークを果たし、『おじさんキラー』とも呼ばれる人物ですから、今後は人妻キャラとして、新たなウリに出していくものと思われます」(芸能関係者)

 いわば結婚で守りや引きの姿勢に入らずに、さらに押しを強めていくということだろうか。

「壇蜜は学生時代のあだ名が愛人だったのは有名な話ですし、橋本マナミも愛人キャラでブレークを果たしました。さらに橋本は、一時期は志村けんの寵愛を受けていたことでも知られていますね。壇蜜は29歳でグラビアデビューを果たし、橋本も29歳で愛人キャラで話題となっています。ともに30歳を手前にブレークを果たし、現在も活躍中という境遇が似ています。この二大ポジションは今後も不動と思われます」(前出・同)

 30代タレントである2人は、今後妖艶な40代へと進化を遂げる可能性はかなり高そうだ。(文=相川ナロウ)

壇蜜、橋本マナミ相次ぐ結婚で勢力図は変わる?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!