5日、宇多田ヒカルがTwitterを更新し、日常の何気ないトピックを紹介した。しかし、その内容があまりに日常的過ぎて、さらにその内容が「ごく普通のママのツイート」というツッコミが入るものとなっている。

 宇多田は投稿で「珍しくワンピースを着たら、息子にワンピースをめくられながら『見てー!』と周りに下着を晒されました」と、幼い子をもつママあるあるとも言えるハプニングを紹介。

 ファンからは「あるあるー!ワンピースとかスカート系着るとめくったりスカートの中に入ってくるんですよね」「そりゃ、恥ずかしーやつですな」「ワンピースの姿見てみたいなぁ」と驚きと共感のコメントが寄せられた。

 宇多田のツイートといえば飾らないものが目立つ。超一流アーティストとしての派手な交友関係や暮らしぶりを投稿することはほとんどない。

 過去にはアザラシの顔がプリントされたポケットティッシュの写真とともに「昨日、グズってしまった息子が泣きながら『なみだふく』と言ってきたのでこのポケットティッシュから一枚取り出しながら『ほら!アシカさんだよ~』って言ったら、めっちゃ冷静に『あざらしだよ』ってつっこまれた」、「子どもの頃はすぐ乗り物酔いしてゲロ吐く体質で、30分以上の車移動が恐怖だったけど、12歳から部活始めて運動にハマったら、パタッと乗り物酔いしなくなった。子どもに運動させることは大事!」などママ目線でのツイートが多い。宇多田ヒカルという冠がなければ、日常的過ぎて10フォロワーにも満たないアカウントでも不思議ではない。

 Twitter上でジブン自慢をしないあたりは超一流の証か。Twitterはあくまで日常発信ツール、自己表現は曲やコンサートと割り切っているのかもしれない。

宇多田ヒカル「息子にスカートめくられた」ツイートにファン共感!スターらしからぬ日常的過ぎるツイートばかりのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!