13日に放送された幼児向け番組『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)の「60年スペシャル」に、8代目歌のお兄さん・速水けんたろうと、9代目歌のお兄さんの杉田あきひろが登場し、視聴者から驚きの声が上がった。

 同番組では、12日の放送で歴代お姉さんの映像を放送。13日のお兄さん特集で、逮捕歴のあるお兄さんに関する映像の扱いが注目されていたが、初代の田中星児から11代目の横山だいすけまで、歴代お兄さんの映像を欠けることなく放送した。

 速水といえば、1999年に茂森あゆみと歌った「だんご3兄弟」がトリプルミリオンセラーを記録。この12年後の2011年、乗用車を運転中に横断歩道を渡っていた女性をはねて死亡させ、自動車運転過失致死罪で禁錮2年・執行猶予3年の有罪判決を言い渡された。

 一方、杉田は16年4月、覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕。懲役1年6月執行猶予3年の判決が言い渡された。

「昨年1月放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)は、杉田が『長野ダルク』で依存症回復プログラムに励む姿に密着。立ち直ろうと頑張る姿が感動的だとして反響を呼びました。しかし、杉田は法廷で覚せい剤使用の遠因を『おかあさんといっしょ』のコンサートツアーのメンバーから降ろされたことだと説明するなど、番組のイメージを低下させた張本人であることは間違いない。覚せい剤は再犯率も高いため、『おかあさんといっしょ』にとって今後も目の上のたんこぶとなりそう」(記者)

 ネット上では、「お兄さんが“いなかった”ことにされなくてよかった」「民放だとモザイクかけそうだけど、NHKはそういうことしないから好き」「法的にはすでに裁かれ、刑期も終えている。そして社会的制裁も十分に受けた。もう十分だと思う」といった声が上がっている。

「速水は15年から『おかあさんといっしょ』のファミリーコンサートに出演しているほか、同番組に楽曲提供も行っており、すでに“けんたろうお兄さん”として本格復帰しています。スポンサーに気を使い、モザイク処理などで臭いものにフタをする民放テレビ局が目立つなか、Eテレの判断に視聴者から賞賛の声が相次いでいます」(同)

 60年続く『おかあさんといっしょ』の黒歴史といえる速水と杉田。しかし、Eテレは“罪を憎んで人を憎まず”のスタンスのようだ。

覚せい剤&死亡事故「歌のお兄さん前科持ち」登場に驚き 『おかあさんといっしょ』60年SPでのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!