きっと禁酒をガンバレナイヤなタイプだ。

 7日に放送された日本テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」に登場した、二代目・中村七之助の言動が物議を醸している。中村は共演した女性お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」の2人を、「森三中の芸風をなぞってるだけ」と批評した。番組的に笑いを取りにきた一言なのかもしれないが、芸風をなぞるだけと言うのであれば歌舞伎役者の中村こそ先代の芸風をなぞっているだけではないだろうか。

 番組は「朝までハシゴの旅」のコーナーで、ガンバレルーヤの2人が中目黒を散策する様子を放送。旦那より兄と仲の良すぎる妊婦さん合コン3次会の男女3人グループなどが登場し番組を盛り上げた。そして7軒目に入った居酒屋で、偶然中村と友人で音楽グループ「四季彼方」のメンバーmasaに遭遇。中村が登場したときには、ロケ中の時刻は午前4時半を過ぎ外も明るくなっていたタイミングだったが、まさに朝まで飲んでいたようだ。

 突然の出演となった中村は、「ガンバレルーヤの大ファン」と公言。さらに酔いも手伝ったのか「よしこと結婚しちゃおうかな」と大胆発言。しかし2人から好きな女性芸人を聞かれると「森三中」あと回答。加えて2人を「森三中の芸風をなぞってるだけ」とこき下ろし、「酔っていた」では済まないディスを見舞っていた。

 ガンバレルーヤと言えば、田舎っぽさのあるダサいビジュアルと体当たりぶりが魅力で、その芸風はたしかに森三中と同じ路線だろう。しかしネットでは、ガンバレルーヤをポスト森三中と評する声も多く、彼女たちは望まれた路線で頑張っている最中だ。翻って中村を見てみると、歌舞伎という先人の技能の伝授が第一に求められる業界を背負っている。もし同じ森三中と同じ路線を走ろうとしているガンバレルーヤを笑うのであれば、それはまさに同じ穴の狢だと言えるだろう。

 中村は2005年にも、泥酔して警官に暴行するなどの警察沙汰を起こしている。今回の暴言も酔っての発言だっただけに、酒に飲まれてトラブルを起こすタイプなのかもしれない。中村がまた酔って大きな問題を起こす前に、注意が必要なのではないだろうか。

中村七之助「ガンバレルーヤは森三中の二番煎じ」とロケ中にディスる!先人の芸を継承する歌舞伎はどうなるの?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!