27日、元フジテレビアナウンサーで現在はフリーの「カトパン」こと加藤綾子が自身のインスタグラムで舞妓姿を投稿し、フォロワーからは批判のコメントが殺到している。

 フリーに転身してからグラビアや女優にも挑戦している加藤だが、その活躍はいまいちぱっとしない。「フリーになる器じゃなかった」とさえ言われる始末である。

 加藤は舞妓姿の写真と共に「何年前のことですが雪の降る京都にて。確か寒すぎて少し外を歩いてすぐ室内へもっと街を歩く写真も取れれば良かった」とコメントを添えて投稿した。ファンを獲得するためにSNSにも力を入れている加藤だが、コメント欄には批判的な意見が多く、逆効果なのではないかとの見方もある。

 フリーになったきっかけについて加藤は、フジテレビ「ボクらの時代」にて「ここのまま死ぬかも?」と思うほど働きづめだった日々を振り返った。多忙なスケジュールのため、フジテレビ「めざましテレビ」の本番中に気を失ってしまい、当時放送事故と騒がれていたが、フリーになってからは仕事内容も時間の使い方も自由になったという。

 加藤の仕事がぱっとしない印象なのは、仕事の自由度が高すぎて幅広く手を出ているからなのだろうか。加藤のインスタのコメント欄には「フリーになってから勘違いしている」「ここまでお高くとまられるとただただウザい!」「謙遜しているようでドヤ感が隠せてないというか」とバッシングが殺到している。また、フジテレビ時代の同僚との写真を投稿していることも「いまだにフジにしがみついている感じが酷い」と、フリーアナウンサーとしてみっともないといった意見もあった。

 加藤はフリーになってから既に3年が経過しているだけに、そろそろフジテレビ以外の民放レギュラー番組が欲しいところだが、このSNSの不評具合ではそれも難しいだろう。フリーアナウンサーの先輩である田中みな実を見習って、もっと振り切ったキャラクターを確立して勝負に出てほしい。

“舞妓姿”加藤綾子「お高くとまられるとウザい」とブーイング!レギュラー番組数も伸び悩み、フリー転身は失敗?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!