“◯◯総選挙などと言い出したら、関係者も全力で軌道修正したほうがいいかもしれない。

 ヴィジュアル系ロックバンド「GLAY」は31日、北海道の千歳アウトレットモール・レラで1830分からフリーライブを行った。今年デビュー25周年を迎えたGLAYが「GLAY DEMOCRACY(民主主義)」というテーマを掲げ、20万人を動員した「GLAY EXPO ’99 SURVIVAL」からちょうど20年にあたる日に開催したライブとなった。しかし、民主的であることを掲げたり、イベントの詳細発表をカウントダウン式で謎めいた形式にしたりと、少々胡散臭さを覚える人もいるのではないだろうか。

 GLAY31日の1830分から、千歳アウトレットモール・レラの駐車場で30分限定のフリーライブを開催した。このフリーライブは、デビュー25周年となったGLAYが「GLAY DEMOCRACY」とイベントを銘打ってファンから公約を募集し、実施を希望するファンが多かったことから開催が決定したという。さらに北海道という開催場所についても、都道府県別の人口比率に対する割合が多かったエリアを選択した民主的フリーライブであるといい、GLAYの地元・北海道での開催に至ったとしている。

 このライブの告知はイベントの特設ページに掲載されたのだが、3つのカウントダウンが行われ、1つ目で「北海道でのフリーライブ開催」を告知。2つ目には「石狩地方で1830分に開演」、3つ目でやっと「会場は千歳アウトレットモール・レラ」と公表された。情報の公開を引っ張っているように感じ、話題作りのためにじらしたのかと勘ぐってしまう。

 “公約”“民主的の標榜や、期待を煽るようなじらし発表はいささか「胡散臭い」印象を受ける。今回のライブに限らず、近年のGLAYはどうも迷走しているのではないだろうか。昨年12月にはメンバーのTERUが、日・中・韓のメンバーが揃う多国籍ボーイズグループ「PENTAGON」のデビュー曲の作詞作曲を担当し、プロデュース側での存在感をアピール。かと思えば今年4月には「ニコニコ超会議2019」でヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」と共演し、コメディ感を強調していた。

 さらにTERUは今年4月、グルメ雑誌「Dancyu」でも登場し、手作りのり弁当を披露。合わせてのり弁愛を大いに語っていた。大御所になるほど各メンバーが自由な活動をするようになるのはたしかによくあることだが、あまりにもグループが「どこを目指しているか」わからなすぎる活動を続けているとファンも戸惑ってしまうのではないだろうか。

GLAY「思想強め」フリーライブ開催!“公約”“民主的”など政治的ワード、カリスマバンドはどこへゆくのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!