滝沢秀明演出「裸太鼓」に視聴者「?」 ジャニタレも笑いをこらえ……の画像1

 7月13日放送された大型音楽特番『音楽の日』。若者に人気のグループ・三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEや乃木坂46、昨年「U.S.A.」が大ヒットしたDA PUMPや「夏といえば」でおなじみのTUBEのほか、ジャニーズでは嵐が初登場するなど、豪華なアーティストたちが集まった放送となったのだが、その中でも多くの注目を浴びたのが、滝沢秀明演出によるジャニーズJr.出演シーンだった。

 この日登場したのは、「Snow Man」「HiHi Jets」というJr.でも人気のある2ユニット。「滝沢秀明演出 〜魂の15分09秒」と題された出演で、彼は往年のジャニーズソングを歌いながらローラスケートでダンスしたり、局近くの坂を駆け上がるなど激しいパフォーマンスも披露。

 さらに舞台『滝沢歌舞伎ZERO』の一部も再現。その中でも視聴者が特に圧倒されていたのが、「腹筋太鼓」というものだ。これは腹筋を鍛える態勢で斜めに床に置かれた太鼓を叩くという、滝沢が生み出した『滝沢歌舞伎ZERO』内での演出。

 これが放送されるとジャニーズファンからは、「腹筋太鼓って初めて見たけど、すごく感動した!」「何度見ても凄すぎ」「これをテレビで放送してくれたタッキーセンスいい!」という歓喜の声が多く集まっていた。だが、その一方で、ファンではない一般の視聴者の間では、まったく逆の反応が起こっていたという。

「ファンは嬉しかったようですが、一般視聴者からは『これは何?』『裸で太鼓ってちょっと気持ち悪いんだけど……』『こういう演出を考えるタッキーって、嵐のスケルトン衣装を選んだジャニーさんの意思を継いでいるって思うわ(笑)』とドン引きする声が多く上がっており、演出した滝沢さんのセンスにも疑問の声が。

 また、この演出に『これってすごいっていうより、虐待じゃん!』という指摘もありました。

滝沢秀明演出「裸太鼓」に視聴者「?」 ジャニタレも笑いをこらえ……のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!