TBSを退社し、現在はフリーアナウンサー兼タレントとして活動している宇垣美里。その彼女が7月12日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演し、一部マスコミで報じられた「コーヒーぶちまけ事件」について明かした。

 この日の放送で、MCの坂上忍が先の事件について触れ、その詳細について尋ねたところ、宇垣は「ぶちまけていない」と説明し、さらに事件の詳細も違うと告白。「降板っていう話をギリギリに言われて。1週間か2週間前に」と振り返り、「なんて失礼なことをするんだ」と思った宇垣は「もっと前に決まっていたはずだし、それならいうべきだし、というお話をした」と番組のプロデューサーに言ったという。

 さらに“コーヒー”に関しては、なかなか決着がつかずプロデューサーがコーヒーを宇垣に買ってきてくれたのだが、宇垣は拒否。「あなたからもらったコーヒーは飲めませんとジャーッと捨てた。だから“かけてない”です」と弁明していた。

 今回、初めて「コーヒーぶちまけ事件」の真相を明かした宇垣。その様子が外部に漏れ一部マスコミが報じたことで、古巣のTBSを「民度が知れる」とも言っていた。だが、そんな激怒する宇垣に対し、特大ブーメランが起こっていたという。

「理不尽な降板だったことやコーヒーはかけてないと、明かしていた宇垣さんですが、ネットには『全然弁明になってない』と批判が殺到。『かけてなくても、捨てたのは失礼じゃん』『1、2週間前に降板って普通じゃん。それに怒るって何様ですか?』『あんたの民度も知れるわ!』という声が上がっており、弁明した意味がなかったですね」(芸能ライター)

 視聴者がドン引きし、逆効果となってしまった今回の告白。そんな中。彼女の性格にも注目が集まっていたようだ。

宇垣美里「最大ヤバい話」の真相……TBSどころか世間が敵に?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!