ビートたけし離婚で『27時間テレビ』はどうなる?

編集部

ビートたけし離婚で『27時間テレビ』はどうなる?の画像1

 ビートたけしの離婚成立により、芸能活動への影響が憂慮されている。現在、たけしと蜜月関係を築き、新事務所T.Nゴンの役員も務める愛人女性は、たけしのギャラや仕事内容に細かく注目をつけるともいわれている。そこで、もっぱらの注目は『FNS27時間テレビ』であろう。

 「『FNS27時間テレビ』はお笑い色が強い夏の恒例番組でした。ところが17年度より、これまでの生放送から、ほぼ全編が録画放送による教養番組路線へシフトしています。17年は『にほんの歴史』、18年は『にほんの食』がテーマとなりました。放送日もこれまでの6月、7月ではなく9月になっていますね。
ここ2年ほどは関ジャニ∞の村上信五と、たけしとのタッグが話題となっていました。この番組は映画監督や文化人としての立場に同じく本名の北野武名義で出演しています」(芸能関係者)

 『27時間テレビ』の概要は17年は6月1日、18年は5月5日に発表されている。最低でも3ヶ月以上前には情報が出ている。これは宣伝期間などを考慮してのことだろう。

 「6月のなかばになっても発表とならないのは、やはり何らかの裏事情がありそうですね。仮に放送が無しだとしても、フジテレビだけでなく加盟局である全国のFNNネットワークが加盟するお祭りであるだけに、物議をかもし出しそうです。さらにこのタイミングでの放送無し発表となれば、否が応でも離婚との関係が取りざたされてしまうでしょう」(前出・同)

ビートたけし離婚で『27時間テレビ』はどうなる?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!