嵐櫻井翔「ZERO降板」も? 東京五輪NHK最優先の裏「日テレ蜜月」変化も「盤石」は続く?の画像1

 

 先日、来年の「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に選ばれた嵐。

 ジャニーズ事務所の誰かしらが五輪に絡むとは思われていたが、嵐がNHKに「出ずっぱり」という待遇にはさすがに驚きだ。それだけNHKも気合が入っているということだろうし、嵐を出演させるのが一番数字に直結するということなのかもしれない。

 しかし、それによって「蜜月」な関係を日テレと築く櫻井翔は、やはり複雑な立場だ。

「てっきり櫻井は日テレの五輪番組でMCをやるものと思われていましたからね。08年の北京大会から五輪関連番組に出演していただけに、これが最大の衝撃といえます。

 櫻井は日テレの『NEWS ZERO』に出演していますが、五輪関連のニュースでは『外れる』可能性が高いですね。むしろNHKでの仕事が忙しすぎて『ZERO』の出演そのものが、大会期間中はなくなるかもしれません」(記者)

 嵐が同年で「活動休止」となる点からも「5人での活動」にこだわるのは当然といえば当然か。

嵐櫻井翔「ZERO降板」も? 東京五輪NHK最優先の裏「日テレ蜜月」変化も「盤石」は続く?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!