田口淳之介パチンコぐるいも!?、驚愕の困窮ぶりにネットもドン引き

編集部

 元トップアイドルの凋落が止まらない。

 22日に逮捕された元「KAT-TUN」田口淳之介と女優の小嶺麗奈は逮捕前、非常に資金繰りに困窮していたことがわかってきた。ジャニーズ時代はアイドル、アーティスト、俳優としても第一線で活躍していた田口だが、退所後は活動が軌道に乗らず苦労が耐えなかったようだ。
活動資金を稼がなければならず、サイドビジネスやパチンコにも手を出していたという田口と小嶺。その落ちぶれぶりにネットからは様々な意見が寄せられた。

 2016年にジャニーズ事務所を対処した田口は、個人事務所「Immortal」を設立して活動を続けていた。小嶺も、マネージャーとして田口の活動に積極的に関与していたとされる。しかし小嶺は“押しの強い”部分があり、現場でも関係者に対し田口の演出方針について持論を展開し意見することも多かったという。
そんな“マネージャー”の存在に関係者たちが辟易し、小嶺の後ろ暗い交友関係も災いして、仕事が減少していったとしても不思議ではない。

 本業の仕事が減っていくに従って、事務所の活動費用の捻出にも困ることが増えた田口と小嶺。関係者によれば、「駐車場ビジネスを始めたという話も聞く」と伝えられている。さらには当座の資金を稼ぐため、3年ほど前から2人で自宅周辺のパチンコ店に通うようになり、思うように稼げず店外で口論に及ぶ姿も目撃されているというのだ。

田口淳之介パチンコぐるいも!?、驚愕の困窮ぶりにネットもドン引きのページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!