村上佳菜子の「羽生結弦はナルシスト」発言に「その通り」。ファンは激怒投稿が増えるが村上擁護派も続出の画像1

日本スケート連盟公式サイト

 

 プロフィギュアスケーター・タレントの村上佳菜子が、サービス精神が過ぎるあまり炎上発言をしてしまった。問題となったのが、フィギュアスケート界のスター・羽生結弦の裏話。ネットでは「失礼な発言だ!!」と、羽生ファンが大挙して村上に批判を浴びせている。

 問題発言が飛び出したのは、15日放送の「中居正広のキンスマスペシャル 村上佳菜子大ブレイクの真相!」(TBS系)でのこと。プログラムは、2017年に現役生活を引退して間もなく、テレビ番組のレギュラー出演、18年度上半期のベストブレイクタレントとして引っ張りだことなった村上の、人気の真相を探るというもの。

 自身にスポットを当てた特別な番組である。村上はきっとテンションが上がっていたことだろう。番組が進み、アナウンサーの安住紳一郎が現在の活躍の背景には、現役時代に出会い親交のある羽生の影響があると紹介。互いを知る仲である村上は、羽生について「私、同い年なので、ずっとジュニアの下のノービスってところからずっとやってきて」「世界ジュニアも2人でアベック優勝していた」と回想した。

 さらに切り込もうと、MC役の中居正広が「どんな子だったんですか、羽生くんは?」と聞くと、村上は「すごい、言うのが嫌なんですけど」と困った表情を浮かべつつ、「昔はナルシストだと思ってました」とズバリ。そして「滑ってる時、『俺を見て!』って感じをすごい演技から感じてて」と続けたが、「昔、ナルシストって私が思ってた部分は、アピールするだったり、誰かに勝ちたいっていう気持ちが誰よりも強かったと思いますね」と評価した。

 そんな羽生への尊敬の念を唱えていた村上に対し、羽生ファンは「ナルシスト」という言葉を捕まえて激怒。SNS上では「羽生さんはナルシストではない」「的外れ」と、容赦なく反論が飛び交っていた。

 羽生ファンには申し訳ないが、記者会見を見る限り「羽生=ナルシスト」というのが一般的なイメージではないか。ムキになってネット上で反論しているファンの姿を見ると、おそらく図星なのであろう。むしろ村上はそのイメージの奥にある羽生のストイックな姿勢を紹介した“羽生の味方”であり、理不尽な非難に村上が凹んでないといいが・・・。

村上佳菜子の「羽生結弦はナルシスト」発言に「その通り」。ファンは激怒投稿が増えるが村上擁護派も続出のページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!