俳優の高岡蒼佑が再婚を発表した。「スポーツ報知」(報知新聞社)のウェブサイトが17日に報じたもので、相手は一般人女性で2~3年前に結婚し、すでに2児の父になっているという。

 高岡は1999年に俳優デビュー。映画『バトル・ロワイアル』『パッチギ!』など多くの作品に出演し人気を博した。2007年に女優の宮崎あおいと結婚。しかし11年にフジテレビの韓流推しや、日本で活躍する韓国人タレントを批判する投稿をTwitterで行い、所属事務所を離れている。11年12月には宮崎との離婚も発表した。

 高岡は現在、俳優活動と平行して、ファッションブランドを立ち上げ、ディレクターを務めている。もはや、そちらが本業といえるかもしれないが、俳優としても活躍を見せている。

「18年10月に公開された『止められるか、俺たちを』では、高岡は映画監督の大島渚を演じました。この映画は12年に亡くなった映画監督の若松孝二が率いる若松プロダクションの1960年台末が舞台です。独立系(インディーズ)プロダクションを率いる若松らに何かと目をかける存在として大島が描かれています。この当時の大島は太っており、高身長とあいまって存在感を示していました。高岡はそのオーラをぞんぶんに再現していましたね」(芸能ライター)

 これまでの高岡といえば、もっぱらイケメン俳優として認知されてきた。だが、今後はこうしたコアな映画で性格俳優として活躍してゆくのもひとつの道かもしれない。

「同じような活躍をしている存在としては“ムラジュン”こと村上淳がいますね。もともとはモデルとしてスタートしましたが、後に俳優にシフト。役が入ったまま実生活に戻ることもあり、何かと苦労したとバラエティ番組で話して話題になりましたね。近年の村上は坂口安吾原作の『戦争と一人の女』で強姦魔を演じたほか、末井昭原作の『素敵なダイナマイトスキャンダル』で、妻にダイナマイト心中をされ取り残される父、重吉を演じるなど性格俳優として活躍しています」(同)

 やはりナンバーワンよりもオンリーワンを目指すのが賢明といえるかもしれない。
(文=相川ナロウ)

高岡蒼佑に再婚報道! 今後の活路は性格俳優?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!