『NHK紅白歌合戦』2年連続で出場することが決まった韓国アイドルグループ・TWICE。

 そのメンバーであるダヒョンが「慰安婦支援Tシャツ」を過去、着用していたことが発覚し、新たな騒動の火種になろうとしている。

 韓国情報のニュースサイト『WoW! Korea』によれば、Tシャツのブランドは元慰安婦を後援する社会的企業で、これまでにも多くの韓国芸能人が同企業の製品を身につけて公の場に登場しているとのこと。つまりは「思想をアピールする商品」ということだ。

 K-POPアイドルのTシャツ騒動といえば「BTS(防弾少年団)」のメンバーが「原爆Tシャツ」を着用していた件が日本で大炎上。反日の意図はなかったとする釈明もあったが、ナチスをネタにするような行為も散見されるなど騒動は世界に飛び火。影響を鑑みたのか、内定していたとされる『紅白』や年末の日本番組への出演も飛んでしまった。

 いまだ騒動が収束していない中での、今回のダヒョンの「Tシャツ事件」。これはまずいのでは……。

 ネット上では「これは紅白白紙では」『日本嫌いなら無理に来ないで』と厳しい言葉が多数。すでに出場が決まっている『紅白』はどうなるのだろうか。NHKの動向にも注目が集まる。

韓国TWICEダヒョン「慰安婦Tシャツ」発覚で『紅白』出場なしに? NHKの対応に注目のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!