このままではメンタルが心配だ。

 10月9日にスタートした有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系)の初回視聴率が6.0%を記録。1話目にして早くも打ち切りが懸念される事態となっている。視聴者からも「設定が気持ち悪い」「学生役の俳優が中学生に見えない」といった批判を浴びており、次週以降はさらに苦戦を強いられそうだ。

「同じ火曜22時枠では、打ち切りとなった渡辺麻友主演『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)の初回は6.2%。一時2%台を記録したAKIRA主演『HEAT』(フジテレビ系)も初回6.6%でしたから、これを下回った『中学聖日記』はかなりヤバイ出足です。次週はテレ朝でサッカー日本代表のウルグアイ戦が放送される流れで裏の『報道ステーション』に視聴者が流れることが予想されるだけに、さらに数字は下がりそう。今世紀ワーストの主演『夫のカノジョ』(TBS系)の全話平均視聴率3.8%が視野に入ってくる可能性すらありそうです」(テレビ誌記者)

 10月1日発売の『FLASH』では、そんな有村の不安定なメンタルが報じられている。

「記事によると、有村はドラマ撮影と同時期に主演映画『コーヒーが冷めないうちに』が公開されたこともあり、そのPR活動で、多忙を極めていたとのこと。その疲れからか、ドラマの宣伝で出演したバラエティ番組の収録中に泣きながら途中退場してしまったといいます。川口や渡辺は毎週伝えられるドラマの爆死記事に視聴率恐怖症になり、メンタルを病んでしまったと明かしていましたが、有村も心配ですね」(芸能記者)

 もし打ち切りになれば、女優としての商品価値が暴落することは必至。とはいえ、『コーヒーが~』の興収は好調な推移を見せているだけに、しばらく映画女優に専念したほうがいいかもしれない。

有村架純『中学聖日記』は川口春奈の二の舞いに? 壮絶爆死でメンタル崩壊が心配のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!