グラビアタレントの小林恵美(35)が1日、自身のブログで所属していたサンズエンタテインメントを退社し、 芸能界を引退したことを報告した。

 ブログで小林は「2002年にデビューしてから16年間、有難いことにたくさんの仕事をさせていただき、ここ1、2年自分の中でやりきったという気持ちが芽生え始めていました」「また新しい夢を見つけてそこに向かって頑張っていくためにも、35歳で一つの区切りをつけさせていただくことにしました」と告白。芸能活動を「完全燃焼」したというものだった。そして「応援してくださったファンの皆様、そして関係者の皆様、今まで本当に本当にありがとうございました!芸能界という華やかな世界で16年間も仕事をすることができたこと、とても幸せに思います」とファンへの感謝を綴っている。

 また、以前小林が出演していた『バラいろダンディ』(TOKYO MX)のレギュラーである武井壮は「恵美ちゃんお疲れ様 初めてグラビアで観た時なんじゃこの美女は!と衝撃を受けたけど、初めてバラダンで会った時は本物が写真より綺麗過ぎてその10倍ビックリしたのさ」「16年間ご苦労様でした 次の人生も素敵な時間を過ごしてね」とTwitterでエールを送っている。

「志村けんさんの番組によく出演していた小林さんですが、志村さんの『お気に入り』だったことはよく知られた話で、交際疑惑も出ていました。たくさんのグラドルを出演させていましたが、その中でももっとも寵愛を受けていたという話もあります。

ただ、他のタレントの台頭によりそのポジションもなくなり仕事が激減。テレビで貧乏生活を披露したこともありました。紆余曲折を経ての引退ですね」(記者)

 いろいろと芸能界の慣習の中で生きた小林。まずはゆっくりしてもらいたいところである。

小林恵美引退「志村けんの寵愛」に振り回された芸能人生に終止符?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!