「個人的なベスト8での公約はなくなっちゃったけど、みんながその公約を楽しみにしてくれたことがすっごく嬉しかったよ ありがとう」

 5月にAKB48を卒業した小嶋菜月が、7月3日に自身のツイッターでこうつぶやいた。

 小嶋といえば、AKB時代には元サッカー日本代表・岩本輝雄氏が“推しメン”と公言し、「AKBじゃんけん大会」ではユニホーム風ビキニ衣装でファンを悩殺した過去も。そうした縁もあり、東京スポーツのインタビューで、「日本がベスト8に進んだら、東スポさんで水着姿を披露します! AKBを辞めてからは、まだグラビアはやっていないんです。1面に載せてくださいね!」と宣言していたのだ。

 結果は、日本の敗戦となり、ファンも「カラーで1面を楽しみにしていたのに」などと悔しがった。

「小嶋といえば、今年3月、23歳の誕生日を迎えた自分の生誕祭でAKB卒業を発表しました。しかし、彼女は昨年8月に舞台『ハイキュー!!』へ出演している“2.5次元俳優”渕野右登との熱愛スキャンダルを『週刊文春』にスッパ抜かれています。彼の自宅へのお泊まりから、翌日の映画館デートまでをはっきりカメラに収められていたほか、文春記者の直撃取材に渕野が小嶋を置き去りにしたまま逃走。そのため、事実上の解雇だったのではと言われています。それだけに、水着で東スポの1面を飾れば、明るい話題となったのですが…」(アイドル誌ライター)

 しかし、小嶋の水着を目にするチャンスはまだありそうだという。

「小嶋が移籍したのは壇蜜、吉木りさ、杉原杏璃などが在籍しているフィット。ほかにも多数のグラビアアイドルを抱えていて、水着での売り出しはお手の物」(前出・アイドル誌ライター)

 ワールドカップは終戦となったが、小嶋のグラビアで日本に元気を与えて欲しいものだ。

元AKB48小嶋菜月『水着公約』消滅もグラビアを拝めるチャンスはまだある?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!