00001

  AKB48グループによる東京ドームシティホールコンサートが13日に開幕した。

  AKB48グループは、今月13日から9日わたって全15公演を開催。
  初日となる13日には「チーム8選抜コンサート~僕たちは熱狂する~」と「NGT48単独コンサート~未来はどこまで青空なのか?~」、翌14日には「法定速度と優越感 フレッシュオールスターズコンサート~ゼロポジションの未来~」、「AKB48 16期生コンサート~君の名前を知りたい~」、「成人式コンサート~大人になんかなるもんか~」がそれぞれ行われた。

00002

  「AKB48チーム8」のダンス選抜メンバー16人によるコンサート(“お手伝いメンバー”として2名が参加)「チーム8選抜コンサート~僕たちは熱狂する~」は、オープニングから『UZA』、『Escape』などAKB48グループでも屈指のダンスナンバーが連発。

  ユニットコーナーも『奇跡は間に合わない』や『赤いピンヒールとプロフェッサー』といったダンスを得意とする先輩メンバーたちが務めた楽曲が披露された。

  自己紹介でも“ダンス選抜”らしく新年の抱負をフリを付けながら発表。

  そんな中、東京都代表メンバーの小栗有以が「初心を忘れないこと!」と発表しながら微妙過ぎる動きを見せると、他のメンバーたちから「何か違う!」と厳しいツッコミが入り会場の笑いを誘った。

  終盤には、鳥取県代表メンバーの中野郁海がセンターを務める激しいダンスが特長の『野蛮な求愛』を初披露。

  さらに、2月18日の大分公演、3月4日の富山公演と全国ツアーの新しい日程も発表された。

00003

  同日に行われた「NGT48単独コンサート~未来はどこまで青空なのか?~」は、「NGT48」が昨年12月にリリースした2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』で幕開け。

  パフォーマンス後には、荻野由佳が「またこの場所に帰って来ることができてうれしいです」と、約1年ぶりとなった単独コンサートの喜びを語った。

  この1年間でシングル2作品をリリースし、オリジナル楽曲も増えた「NGT48」だが、この日はさまざまな楽曲にも挑戦。
  柏木由紀のソロ曲『夜風の仕業』を柏木とともに佐藤杏樹と清司麗菜の3人で熱唱したほか、ダンスメドレーも披露するなど、1年間の成長を見せつける内容となった。

  最後には、NGT48のホームタウン・新潟の朱鷺メッセで、4月13日に「NGT48」の単独コンサート、同月14日にキャプテンの北原里英の卒業コンサートが開催されることがサプライズで発表された。

0004

  今月14日に開催された「法定速度と優越感 フレッシュオールスターズコンサート~ゼロポジションの未来~」には、「AKB48」の50thシングル『11月のアンクレット』のカップリング曲『法定速度と優越感』のメンバー25名(「HKT48」の矢吹奈子と「NGT48」高倉萌香は休演)が出演。

  「みなさん! おはようございまーす!」と「AKB48チーム8」の小栗が客席から登場して幕を開けた。

  「AKB48」の人気シングル曲『フライングゲット』など冒頭4曲を歌い終えると、「AKB48チーム8」の倉野尾成美に封書が手渡されて、“緊急発表”として今回のフレッシュメンバーの中から1人が、女性ファッション誌「LARME(ラルム)」のレギュラーモデルに採用されることが発表された。
  この日の会場には同誌の関係者も来場しており、どのメンバーがレギュラーモデルに選出されるかは後日に仮想ライブ空間「SHOWROOM」で発表されるという。

  ステージでは、各グループでのセンター経験メンバーや、人気&実力とも着実にアップしている次世代メンバーたちが文字どおりのフレッシュなパフォーマンスを繰り広げた。

  最後に小栗は、「いつかこのメンバーが全員選抜になった表題シングルがいいな!」と瞳を輝かせながら語った。

0005

  同日の「AKB48 16期生コンサート~君の名前を知りたい~」では、「AKB48」の16期生が制服姿で登場し、学校を舞台にしたミュージカルテイストのコンサートを開催。
  登校やテスト、給食、部活動といった学生の1日のシーンに合わせたセットリストでパフォーマンスを披露した。

  中盤には“ライバル校”の生徒として「AKB48チーム8」が登場し対決ムードとなったが、一緒に『UZA』を披露すると、16期生にエールを送ってステージを後にした。

  16期生は今春からそれぞれのチーム所属となり別々の道を歩むことになるが、鈴木くるみは「環境が変わっていくと思いますが、16期生ということは変わらない。16期生が『AKB48』の中心メンバーになっていけるように頑張りたいです」と同期を代表してあいさつ。

  その後、山内瑞葵が「『AKB48』に欠かせない存在になること」と話すなど、メンバーひとりが今後の決意を語った。

  アンコール明けには、この日のために練習を積んできたというバンドの生演奏を披露し、同期の絆を胸にさらなる飛躍を誓った。

00006

  同日開催の「成人式コンサート~大人になんかなるもんか~」では、先日に成人式を行ったばかりのAKB48グループの新成人メンバー39名(「AKB48」の加藤玲奈と「HKT48」の冨吉明日香が休演)が晴着姿でステージに集結し、着物の袖を揺らしながら艶やかにステージを彩った。

  その後も、大人の仲間入りをしたということで、「AKB48」のメンバーはパティシエ、「HKT48」は看護師といったように、グループごとにアイドル以外のさまざまな職業のコスプレでパフォーマンスを繰り広げた。

  グループをシャッフルしたユニットパートも成人をイメージし、『おしべとめしべの夜の蝶々』といった大人びた曲や『鏡の中のジャンヌ・ダルク』といった決意を表す曲が続くセットリストとなった。
  『おしべとめしべの夜の蝶々』では「STU48」の岡田奈々と「AKB48」の村山彩希がキスする場面もあった。

  「AKB48」の向井地美音は、「同じ20年前に生まれたメンバーがステージにこうして集まれたのも運命だと思います。(同日先にコンサートを行った)『フレッシュオールスターズ』のみんなは『AKB48』の“未来”を引っ張っていくと思いますが、私たちは“今”を引っ張っていきたいです!」と力強く宣言した。

  そしてラストには、「AKB48」の43rdシングル『君はメロディー』のカップリング曲で、「AKB48次世代選抜」による楽曲『LALALAメッセージ』にのせて、それぞれの20歳の夢や目標、ファンへのメッセージがモニターに映し出され、“第2の成人式”ともいえるコンサートの幕は下りた。

AKB48グループによる全15公演の東京ドームシティホールコンサートが開幕のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!