林遣都さんが熱演!転職サービス「doda(デューダ)」、転職希望者の心情に寄り添う新TVCMを放映開始

編集部

 人気俳優・林遣都さんを起用した転職サービス「doda(デューダ)」の新CM『変えるなら、きっと今だ』が、5月22日(土)から関東・関西・東海・福岡県にて放映を開始する。また、TVCMクリエイティブはdodaサイト内「アドギャラリー」にて公開予定だ。

<dodaアドギャラリーはこちらから

【クリエイティブコンセプトについて】

「変えるなら、きっと今だ。」

 自分のキャリアについて悩むビジネスパーソンが転職活動を始めるとき、さまざまな悩みや逡巡と向き合い、それを超えて一歩踏み出すことを決意する瞬間があります。その瞬間を「変えるなら、きっと今だ。」という言葉で表現しました。自分のキャリアや人生をより豊かにするために、前を向く転職希望者一人ひとりに寄り添い、転職活動のパートナーとして伴走し続けたいという「doda」の思いを込めました。

 

■クリエイティブストーリー
主人公である林遣都さんが転職を決意する心の変化を描いたクリエイティブ。懸命に働く日常の中で自身の停滞感を感じる主人公。その停滞感を打ち破って、一歩前に進んでいる感覚を取り戻したいという気持ちを「変えるなら、きっと今だ。」という決意の言葉で表すとともに、転職にむけて一歩踏み出す瞬間を描いています。

 

【新CM概要】
タイトル:変えるなら、きっと今だ。
出演:林遣都
放映開始:2021年5月22日(土)~TV
2021年5月22日(土)~Web
放映エリア:関東・関西・東海・福岡県
公式サイトURL:こちらから

 

【撮影秘話】
新型コロナウイルス感染への対策として、ソーシャルディスタンスを保ちながら全員がマスクを着用する、通常時とは異なる空気の漂う撮影現場でしたが、林さんの素晴らしい演技のおかげでとてもスムーズにすべてのカットを収録することができました。

 

【林遣都さんプロフィール】
2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品で日本アカデミー賞など多くの新人賞を受賞。以降映画/ドラマ出演が続き、近年は大河ドラマ『いだてん』、NHK朝ドラ『スカーレット』『世界は3で出来ている』など、コンスタントに話題作に起用される若手実力派俳優。

 2021年4月25日よりTBS「日曜劇場『ドラゴン桜』」に出演。また2021年7月22日より主演映画『犬部!』の公開が控えている。

【パーソルキャリア株式会社について】
パーソルキャリア株式会社は、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-をミッションとし、転職サービス「doda」やハイクラス人材のキャリア戦略プラットフォーム「iX」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、これまで以上に個人の「はたらく」にフォーカスした社会価値の創出に努め、社会課題に正面から向き合い、すべての「はたらく」が笑顔につながる社会の実現を目指します。

公式サイトはこちらから

【「PERSOL(パーソル)」について】
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、IT アウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現と SDGs の達成に貢献していきます。

 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業の DX 組織構築支援を行う「TECHPLAY」、クラウド型モバイル POS レジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

公式サイトはこちらから

林遣都さんが熱演!転職サービス「doda(デューダ)」、転職希望者の心情に寄り添う新TVCMを放映開始のページです。エンタMEGAは、PRの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!