女優の上野樹里がInstgramで“愛夫弁当”を公開し、そのおしどり夫婦ぶりが話題となっている。

 上野樹里は7月9日、TRICERATOPSのボーカルとしても知られる夫・和田唱が作ったという弁当をInstgramで公開。出演作品の撮影が始まったらしい上野は、「愛夫弁当 昨日から始まりました! とても助かっています。おまけに健康管理にもなってありがたいです」と感謝を綴っている。

 Instgramの投稿には、上野がおにぎりを持って「いただきます」と言う動画に加え、実際の弁当の写真も。“男飯”らしいシンプルな仕上がりだが、和田の母親が料理家の平野レミということもあり、ネットでは「見た目ばかりこだわった“映え”でなく、本当に美味しそうなお弁当」「小さい頃からレミさんのご飯食べてきてるから、味付けや栄養バランスも良さそう」といった反響が出ている。

 しかしやはり一番目に留まるのは、「愛されてるね」「本当にお互い想い合って仲良さそうで素敵な夫婦だな」「ほんとずっとしあわせそう」といった、夫婦の仲睦まじさを指摘するコメント。上野と和田は2016年5月に結婚を発表。以降、たびたびSNSなどで仲の良さがうかがえる様子が発信されており、「理想の夫婦」という声も多い。

 そしてこの幸せそうなふたりの姿に、プロポーズにまつわるエピソードを思い出す者も。ソロ・アーティストとしても活躍する和田は、松たか子や山下智久など多くのアーティストに歌詞や楽曲の提供をしているが、2013年にはKis-My-Ft2「SNOW DOMEの約束」の作詞を担当。冬のラブソングといったこの曲の歌詞は、和田が上野を想って書いたものだと言われており、プロポーズの際にはこの曲の「君の好きな色と僕の好きな色を 重ね描いていこう」という部分を歌い、上野が涙したと2016年にニュースサイト「アサジョ」が報じたことがある。

 そのためキスマイファンの間では、このエピソードを思い出して「泣けてきちゃう」と感動したり、今回初めてこの逸話を知って「なんだか嬉しい」と喜ぶ声もちらほら。上野は先のInstagramの投稿で、「撮影中、続くと良いなぁ」と、和田の“愛夫弁当”の継続を希望していたが、ふたりのおしどり夫婦ぶりもぜひとも続いていってほしいものだ。

キスマイがつないだ愛!? 上野樹里、“愛夫弁当”公開のおしどり夫婦ぶりのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!